ブログ始めて1年。ぼっちが手に入れた大切なもの

img_0016

ども。うしらく(@ushiraku)です。ぼっちだけど生きてます!

2015年10月4日に開設したこのブログは、早いもので1周年を迎えました。いや、マジ早いっすわ。

わたしはかなり飽き性で、物事が長く続いたためしがありません。なので、もう奇跡としか言いようがないというか。1年も続けられて、嬉しい限りです。ホントに。

さて、今回はぼっちなわたしが1年間のブログ活動で得たものについて書いていきます。「ぼっちな人でもブログやってりゃ何とかなるよ!」ってなメッセージも込めて。

ブログ始めて1年。ぼっちが手に入れた大切なもの

あらためて思い返すと、ブログって本当に不思議です。だって、飽き性なわたしが1年も続けられてるんだもの。

それは一重に、続けるモチベーションが書く楽しみだけではないからでしょう。記事を書いて発信して、共感してくれる人がいる。つまり、人との出会いや繋がりがあるのが、ブログをやる上での最大の楽しみなんですよね。だから続けられてる。

では、わたしがこの1年で手に入れた大切なものについて、見ていきましょう。

1.仲間

ぼっちなわたしには、周りに趣味の合う友達や仲間がいません。なので、熱いトークを繰り広げることも情報交換することも、日常にはない。

でも、ブログを始めてからは違います。当初は全く想像してなかったけど、仲間ができました。ブログやってる人、絵を描いてる人、プログラミングやってる人など。みんなアツく生きてる人ばかりです。

世の中にはまだまだ面白い仲間がたくさんいる」、そう感じさせてくれます。

2.SNSの楽しさ

ぼっちだった頃は、SNSの楽しさなんて知りませんでした。そりゃそうだ、やりとりする相手がいないんだから。ぶっちゃけ、「SNSなんて爆発しろ!」と思ってたし。

そんな荒んだ思考をしていたものの、仲間が出来てからはガラリと変わりました。一瞬にして、「SNS最高ー!なにこれ神サービスやん!」と考え直すくらいに。

TwitterやFacebook、Skypeなど。遠く離れたところに住んでる仲間とのライフライン。わたしにとって、SNSは手放せない必需品になりました。

3.読者

ブログやってて一番嬉しいのは「読者がいること」これに尽きます。だって、最初は誰も、わたしのブログを読みにきてくれませんでしたからね。

というか、ブログの存在そのものを知られていないので当たり前の話ではあるのですが。それでも、少しずつ読者が増えていった。ありがたいことです。

また、今年に入ってからは「ブログ読んでます!」と直接言ってもらう機会が増え、これまた本当に嬉しいです。ありがとうございます!

4.伝える力

記事を書く上で一番頭を使うのは「どうしたら分かりやすく伝わるか」です。自分の体験したことやアイデアを、シンプルに分かりやすく伝えたい。じゃあどういう書き方をするか、常に自問自答しています。

で、毎回伝えやすさを意識して書き続けるうちに、自然と「伝える力」が身についてきました。

他でいうと、自分が好きなブロガーさんの文章構成や言葉遣い、レイアウトなどを徹底的にパクってます。どんどん取り入れて実践する。そうすれば、その人の「伝える力」が自分の力になります。

結果として、口頭でのやりとりだとコミュ障だけど、ブログを通してなら自分の考えを伝えられるなと確信しました。

5.プログラミングスキル

ブログをやる上で、プログラミングは欠かせないスキルです。文字の大きさや装飾、記事を表示する際のレイアウトなど全てを扱うから。ブログは視覚による情報なので、読みやすさ見やすさを第一とします

ただ、わたしはプログラミング未経験者でいつも四苦八苦してました。自分でググっても、他のブロガーさんから教えてもらってもイマイチよく分からない。

じゃあもう自分でマスターしようと思い立ち、プログラミングスクール『テックキャンプ』に通いました。受講料15万円、総勉強時間100時間オーバーで色々ときつかったけど、今に繋がっています。

ブログをやっていなかったら、プログラミングを学ぶことはなかったでしょう。

6.生き方や価値観

ブロガーに限らず、自己表現して生きてる人たちって変わった価値観の持ち主が多いです。特に、生き方や仕事については。

会社勤めがいいか、フリーランスがいいか。彼らにとっては、そんなのどうでもいい。大事なのは「自分がその仕事をやりたいかどうか」なんですよね。

1人で悩んでいると視野が狭まってしまうけど、周りの人たちの生き方に触れることで、違った解釈が出来るようになる。価値観の幅が広がります。

これもまた、ブログをやってなかったら確実に出会ってなかったことです。

7.失敗がコンテンツになる

わたしの人生、わりと全般的に失敗続きです。自殺未遂の話とか、母の不倫問題の話とか。周りのリア友には非常に言いにくいことばかり。

でも、ブログは違う。自分の失敗談がコンテンツになるんです。失敗から学んだ教訓を記事にして発信すれば、同じ問題を抱えてる人へのメッセージになる。もちろん、ただ単に笑い話として昇華させるのもアリです。

なんにせよ、自分の中に眠らせておくだけだと腐ってくだけの失敗談がコンテンツになるって、凄いことだと思いませんか?

8.チャレンジ精神

ブログを開設した当初は、本のレビュー記事のみを発信する予定でした。書店で働いていたので、自分が猛プッシュしたい本を紹介しようと思ってたんですね。

でも、ブログを続けていくうちに色んなジャンルの記事にチャレンジしてみたくなりました。グルメもインタビューも最初は緊張したけど、想像してた以上に面白かったです。やればできる。自信に繋がりました。

何でもそうだけど、やる前から諦めてちゃ出来ないままですからね。ブログを通じてたくさんチャレンジし、これからも自分を進化させていきます。

うしらくまとめ

この1年間を振り返りながら、わたしが手に入れた大切なものについて書いてきました。

なんかホントに、ブログのおかけで自分の人生が劇的に変わってるなと実感してます。特に、人との繋がりを得られたのが大きい。ぼっちでコミュ障なわたしでも、ブログを通してたくさんのアツい人と出会えました

これから先、このブログのコンテンツをもっともっと充実させていきます。年内には大幅なリニューアルも予定してるし、やりたいことが目白押しです。

「ぼっちでだって生きてける」というメッセージを今つらい人に届けたい。そのためにも、わたし自身の成長とブログの継続をさせていきます。