2016年は希望と絶望が入り乱れた怒涛の1年間だった

ども。うしらく(@ushiraku)です。ぼっちでも好きに生きてます!

2016年も今日で終わりですね。あっという間に。

今年は本当に色んなことがありました。31年生きてきた中で1番、波乱万丈な年でした…。

さて、今日で書き納めということで、ぼくの今年1年間の記事を振り返っていきます。

18年ぶりに同窓会に行った

2016年一発目に書いた記事は、18年ぶりに行った同窓会の話。小学校の頃のメンバーと、30歳になって同窓会をしたんですね。

ぼくは友だちが少ないので同窓会に行く時かなり緊張していたのですが、行ってみるとみんな子供の頃と変わってなくて、すぐに打ち解けました。

30歳にもなると既婚組が増えていて、独身者(ぼくも含む)は少なかったですね。家庭や子どもの話を嬉しげに話す友だちが、とても羨ましかったですw

同窓会もたまにはいいもんだなぁと思いましたね。

関連記事:【同窓会】18年ぶりに会って来たよ! この興奮を聞いてくれ!!

ブログを続けるサイクルを作った

超がつくほど飽き性なぼくは、昔から何事も長続きしませんでした。そして、そんな自分に嫌気が差してた。

ブログを始めた当初も、この懸念はあったんですよね。「また続かなかったらどうしよう…」と悩んでました。案の定、モチベーションの波が激しく、ブログを書きたくない時期も多々あったし。

でも、プロブロガーのヨスさん( @yossense )からいただいたアドバイスを元に自分なりのルールを作り、それをひたすら続けました。

そのルールとは「毎日、1000文字以上の記事を1本書くこと。30分以内に!」。時間制限をつけたこのルールのおかげでブログを書く習慣ができ、自分の自信に繋がりました。

関連記事:ブログが書けなくて悩んでる人は「制限時間」をつくろう!

ブログがきっかけでクリエイターさんと交流ができた

このブログがきっかけで、ぼくはクリエイターさんにインタビューする機会を得ました。

絵師ナツキさんに超ロングインタビュー!

以前から交流のある絵師ナツキさん( @summer_treee )に、インタビューさせていただきました。

元々イラストサイトでナツキさんと出会い、メッセなどでやりとりはしていたのですが、話すのはこの時が初めて。通話する前、ぼくは緊張しすぎて何度もトイレに行きましたよ…。

でも、話してみるととても気さくな人柄で、時間を忘れて話し込んでしまいましたw

ナツキさんが絵を描き始めたきっかけから、普段絵を描いているときに何を考えているかまで。余すところなくお話しを聞けて良かったです。あと、広島弁がかなり萌えポイントでした!

関連記事:「ボカロ動画からオリジナルイラスト」まで!超アグレッシブな絵師ナツキさんにインタビュー!

ブロガー兼ライターめぐさんに恋愛相談!

ブロガー兼ライターとして活動されているめぐさん( @megblo_com )に恋愛相談したのも、とても面白かったですね。

独特の恋愛観を持つめぐさんから「男子が勘違いしやすいポイント」を聞きつつ、自分でも当てはまることが多々あり、ぎくりとしました。

雑誌やネットによくある恋愛コラム、「LINEの返事が早い=気がある」や「ボディタッチ=俺のこと好き」はわりとデタラメなんだなと思いましたよ。ああいうコラムは真に受けちゃダメですな。

非モテ男子は気をつけような。ぼくもですがw

関連記事:崖っぷちブロガーめぐさんに恋愛相談!モテない男は勘違いしすぎ!?

顔出しブロガーになってみた

ぼくがブログを始めた当初は自分で描いたイラストをプロフにしてたんですけど、ある日不意に「何か顔出しで活動したほうが面白そう」と思って、割とあっさり顔出しに切り替えました。

というのも、プロとして活躍されてるブロガーさんは顔出ししてる人が多いので、やっぱりそこには何か秘密があるんじゃないかなと思ったんですね。

顔出したからといって不利益にはならないだろうし、匿名ブロガーはこれからの時代埋もれてしまうだろうなと考えたから顔出しにした。ただそれだけです。

また、顔出しする前まではわりと無難な記事ばかり書いてたので、自分が本当に書きたいことだけを書くことにしました。いやー、楽しすw

関連記事:いい子ちゃんブロガーから卒業して「ヘンタイ系マンガの記事」を書きまくる!

プロブロガーに直接お会いした

プロブロガーの活動は、ブログやってる身としてかなり気になります。普段何を考えながら記事を書いてるのか、これから先何を見据えてるのかなど。

今の時代はTwitterやFacebookでコンタクト自体は取れるものの、それでも生で直接会うのとは感じ取れる情報量が違う

今勢いのあるプロブロガーのお二人にお会いして、ぼくはブログの奥深さを感じました。

関連記事:超豪華!2人のプロブロガーにお会いして強烈に感じた2つのコト!

会社を辞めてプログラミングを勉強…したのはいいものの

2016年5月。ぼくは勤めていた会社を辞め、TECH::CAMP(テックキャンプ)にてプログラミングを学びました。1ヶ月間、みっちりと。

会社を辞めた当初は「退路を断った俺すげー!かっけーw」と思ってたのですが、ただそれだけのことでした。一人の男が会社を辞めた、ただそれだけのことなのに、ぼくは何故か舞い上がっていた。

で、TECH::CAMPの受講終了日が近づくにつれ、焦る毎日を過ごすことに。なぜなら、カリキュラムをこなすのに必死で、ポートフォリオを作る余裕が無かったから。プログラマーなどに転職する際に必須のもの(自作のWEBアプリやサービス)が手付かず。転職する身として致命傷なミスを犯してしましました。

この時期から、ぼくの2016年は曇り始めます。

関連記事:待って!TECH::CAMP(テックキャンプ)を受講する前にぼくの失敗談を聞いてくれ【評判】

1年間付き合った恋人にフラレてしまう

2016年最大の絶望は1年間付き合ってきた彼女にフラれたこと

付き合い始めた当初からずっと、持病の「躁うつ病」について隠し続けていたのですが、思い切ってカミングアウトすることにしました。理由は嘘をついているようで苦しかったから

カミングアウトした当日は普通に話を聞いてくれたのですが、それから一ヶ月後、急に別れを告げられました。

フラれた要素は持病の他にもあったんですが、これを機にぼくは正気を失ってしまいます

関連記事:躁うつ病(双極性障害)を恋人にカミングアウトしたら一瞬で拒絶された話

崖から飛び降り自殺をして大ケガ

「たかが失恋で自殺かよ!」って思われる方もいるかもですが、自分の大切なことをカミングアウトした後にフラれるのはかなりショックです。

「こんなんならもう生きてても仕方ない」と思ったぼくは、スマホもパソコンも押し入れにしまって家を出ました。行き先は海岸。崖から飛び降りて死ぬことを選びました。

結果として自殺は失敗し、ぼくは全身を大ケガ。この記事を書いている現在もまだ入院しています

色んな人に心配も迷惑もかけてしまったし、本当にバカなことをしたなと後悔する毎日です。

関連記事:[自殺レポ]崖から飛び降りて自殺未遂。その末路をガチで書いてみる

ブログのおかげで大切なものを見失わずに済んだ

入院してから一ヶ月半はスマホもPCも手にできない状態だったのですが、右手が動くようになってきたので、またブログを書くことを決意。

この時、こんな自分がブログ書いてもいいのだろうかと不安だったんだけど、仲間から背中を後押ししてもらえたおかげで復活できました。

改めて自分のブログ記事を見返してみると、たくさんのものを得ているんだなと実感。特に人との交流がとてもありがたかったです

関連記事:ブログ始めて1年。ぼっちが手に入れた大切なもの

2017年の抱負

最後に、2017年の抱負も書いておきましょう。

といっても、特に大きなことは思い浮かばなくて。単純に穏やかな毎日を過ごしたいですね。

自分の家でご飯を食べ、静かな時間を過ごし、コーヒーを飲みながら読書する。もちろん、ブログも書く。そんだけで十分です。

さいごに

いつも『うしらくの野望』を読んでくださって、ありがとうございます。

今年はたくさんご心配ご迷惑をおかけして、申し訳ありませんでした。そして、こんなぼくを見捨てずに温かい言葉をかけてくださって、本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。

来年は元気な姿をお見せ出来ればなと思っています!