【野望】ぼくが2017年にやりたい5つのこと

ども。うしらく(@ushiraku)です。ぼっちでも好きに生きてます!

今年一発目の記事は、2017年の野望について書きたいと思います。書き初め的な感じで。

2016年は色々と壮絶な1年間だったので、とりあえず今年は穏やかな1年間にしたいですね。

2017年にやりたい5つのこと

現時点で考えている野望を、ざっくりと書いていきます。思いついたままに。

1.穏やかな時間を過ごす

去年やらかした大ケガの影響で、ぼくは今もなお入院生活を送っています。

5ヶ月半の入院生活でひしひしと感じているのは、病院には静かな場所も時間もないということ。気が休まる場所がないので、精神的にかなり消耗します。

鳴り止まないナースコールやドタバタと響く看護師さんの足音、押し寄せる見舞客(他の患者の)。耳栓をしても突き抜けてくる大音量のいびき…など。

今まで自宅で何不自由なく生活していたことに、ありがたみを感じる毎日です。静かな時間って、本当に貴重だなと実感しています。

まぁ、入院してるのは自分に責任があるので不満を持つこと自体間違ってるんですけど、見ず知らずの他人との生活はしんどいですね…。

今年はとにかく静かな時間を確保します。

2.たくさん読書する

入院中、ぼくは今までの人生の中で1番本を読んでます。がっつり時間がとれますからね。

中でも、今一番ハマってるのはライトノベル。ラノベは色んなジャンルがあって、しかも作家さんによって世界観が全く違うので、読めば読むほどハマってしまいます。

で、ぼくが面白いなと思った本を、ブログを通してシェアしたいですね。小説、ラノベ、マンガなど。ジャンル問わずで!

>>2016年のオススメ「名作ラノベ」はこちらから

3.プログラミングのスキルを磨く

去年TECH::CAMP(テックキャンプ)でプログラミングを勉強したのはいいものの、まだちゃんと体得出来てません。

HTMLとCSSの概要はなんとなく分かったけど、自分でコードをいじれるレベルにはないしなぁ。PHPに至っては挫折したままです。

ブログのデザインも一新したいし、これから先パソコンを使う仕事に就きたいので、療養期間中にコツコツとスキルアップしていきます。

4.人との交流を広げる

昨年は絶望的なことが多かったとはいえ、それに反して発見もありました。それは、ぼくは色んな人に支えられて生きているということ。

ブログを通して出会った人も、リアルで昔から仲良くしてくれてる人も。自分は決して一人で生きているわけじゃないんだなと、改めて実感しました。

今年はまぁ無理して人との交流を広げることはしなくても、自然とこう、人と接していきたいですね。

人から刺激を受けつつ、ぼくも誰かに刺激を与えられる存在になりたい。そう思ってます。

5.自分のこれからの生き方を決める

入院生活でどういう老後になっていたいかを強烈に考えるようになりました。

というのも、同じ病棟にはおじいちゃんおばあちゃんが入院していて、老後のリアルを間近で見たから

で、彼らを見ていると好かれる人と嫌われる人は両極端に分かれるんだなと気づきました。

好かれる人はいつもニコニコしていて感情穏やか。周りの患者さんや看護師さん、ご家族からも愛されているのが伝わってきます。

一方、嫌われてる人は真逆。患者さんからも看護師さんからも煙たがられてるし、何より家族も面会にこない。本当に孤独な老後だなと、心底感じました。

ぼくはやっぱり孤独な老後は嫌だし、温かな人たちに囲まれて過ごしたい。

人は何歳まで生きてられるのか保証はないけど、老後を見据えた生き方を今から決めときたいですね。特に、人付き合いの面で。

関連記事:こんな老人にはなりたくない!病院でみる「反面教師」たち

うしらくまとめ

今年のぼくの野望は、自分の内面的な変化が多いですね。大きな飛躍ではなく、コツコツと基盤を固めていく1年間にしたいです。

みなさんは何か今年の抱負など立てられたでしょうか?

お互い、自分の目標が達成できる1年間にしたいですね。健康第一で!