ブログが書けなくて悩んでる人は「制限時間」をつくろう!

こんにちは! うしらく(@ushiraku)です!

わたしは何をするにしてもムラッ気があって、調子がいい時は作業が捗るけど、そうでない時は絶望的に作業が出来なくなります。これは、ブログも例外ではありません。

ブログを書きたくない時は、何を書けばいいのかわからなくなる時が多々あるんですよね。「こんな内容だと書く価値がないかな」とか「記事の質が低すぎるかな」とか悩んでしまいます。

でも、一人で悩み続けて何も書かないままだと、永久に誰の目にも触れません。逆に言うと、質が高くなくてもとりあえず投稿すれば、誰かの目にとまります。とりあえずは見てもらえる。

今回は「とりあえず書く」というスタンスについて、わたしの考え方をお伝えしたいと思います。

制限時間を設ける

わたしがブログを書く上で意識しているのが「制限時間を設ける」こと。

ダラダラと長時間パソコンに向き合っても、集中力が低下した状態で続けちゃうと筆が進まなくなります。あと、内容も何が書きたいのか迷走していて、つまらないというパターンが多いです。

制限時間を設けて執筆する練習方法としては、まずは30分間を基準にしましょう。そして、スマホのアラームをセットする。たったこれだけで、記事を書く上での緊張感が跳ね上がります。

この「緊張感が跳ね上がった状態」がいいんですよ。適度なプレッシャーをかけることで、集中力が倍増するので。何というか、受験勉強のラストスパートの感覚に近いかもしれません。もしくは、スポーツでいうところの試合終了ギリギリの時間。

「あと~~分以内に完成させなければ!」という思いが、半ば強制的にブログを書く腕を動かしてくれます。この方法はマジでオススメです。

あとで修正してもいい

ブログを書いてると「完璧な記事を出さなきゃ」って思うことありませんか?

わたしは完璧主義者なので、今までは記事の質にこだわり過ぎていました。なので、ブログを書いてても「あー、この記事の質じゃダメだ。ボツにしよう」と考えることが多かったです。

でも、自分ではボツと思っていても、他の人が読むと「面白い」と感じてくれるかもしれません。こればかりは、記事を公開してみないことには分からない。

完璧を追い求めるよりも「あとで修正してもいい」という考え方を頭の片隅にでも置いておくと、ブログを書くときの心理がいくらか楽になります。手直ししていいんですよ。

うしらくの一言

今回のこの記事は朝5:50~6:20の間に仕上げました。30分間があっという間に過ぎちゃいましたね。

「あとで修正してもいい」という考え方が出来るようになってからは、ブログを書き始める時の変なプレッシャーが減りましたね。「まずは書こう」と思えるようになりました。

面倒くさがりのわたしでも変わることが出来たので、是非あなたにもこの方法を試して欲しいです。

あなたの不安をサクッと解決するLINE@

母の不倫がきっかけで家庭崩壊 → 過労により躁うつ病になる → その躁うつ病のせいで恋人にふられ、自殺未遂。つらい人生をのりこえてきたぼくだからこそ、今しんどいあなたに伝えたいことがある。ズバッと本音で答える「お悩み相談」もやってるよ!