楽勝!会社での「ぼっち」を卒業するための3つのコツ

ども。うしらく(@ushiraku)です。ぼっち属性のアラサーですが何か!?

今の時代。会社で孤独感を感じている「ぼっち」な人は、意外と少なくないようです。ネットでもチラホラ目にするし、ぼくもそうだし。

ぼっちな人の性格に共通するのは、元々口数が多くない人やおだやかな人が多いんじゃないかなと感じてます。

とはいえ、毎日会社で誰とも会話をしない生活はかなり寂しい。

そこで、今回は「口数が少ない人でもぼっちを卒業できる方法」をご紹介します。

口数が少ない人でも、会社での「ぼっち」を卒業できる3つのコツ

ぼっちを卒業するためのコツを、3つにわけてお話ししていきます。日常生活ですぐに使える方法だけをピックアップしました。

1.社内すべての人と仲良くしなくてもいい

まずは、マインド論からいきましょう。

そもそも、前提として、社内すべての人と仲良くなるのはかなり無理ゲーです。人それぞれ性格は違うし、合う合わないってありますよね。

なので、とりあえず「性格が合わない人」は一旦置いておいて、先に「性格が合いそうな人」から話しかけていくのが得策。ハードルは低めに、出来ることから取り掛かるのが吉です。

まずは1人。話しかけやすそうな人を見つける

会社にいるすべての人に話かけようとするのは心理的にもプレッシャーが大きいですが、まずは1人「話しかけやすそうな人」を見つけるのは出来そうな気がしませんか?

例えば、いつも挨拶をしてくれる同僚。面白い先輩。雑談好きな事務員のおばちゃんなど。周りを見渡してみると、話しかけやすそうな人は意外といるもんです。

いきなり同僚に話かけるのが厳しい時は、外部の人に話しかけるのも一つの手

もし、いきなり社内の同僚に話しかけるのが難しい場合は、外部の人に話かけるのもアリです。

  • 会社の掃除をしてくれる清掃のおばちゃん
  • ゴミ収集業者のおっちゃん
  • 荷物の宅配をしてくれる宅配便のお兄さん

こういった外部の人とは「天気の話」をするのが有効です。天気の話はほんのひと言で済むし、いつでも使えます。これ、マジでオススメ。

外部の人との雑談で少しずつ自信をつけつつ、社内の同僚に話しかけていきましょう。このパターンは、ハードルとしてそんなに高くないですよね。

2.あいさつをちゃんとする

ぼくは現在31歳。社会人になって10年近く経ちます。

が、この間にビックリしたのが「あいさつをちゃんと出来る人」がめっちゃ少ないということ。みんなうつむき加減でゴニョゴニョとしてるので、なんて言ってるのか分からないんです。

うしらく
ん? 今ぼくにあいさつしたの?

裏を返すと「あいさつをちゃんと出来る人」は、それだけで好感を持たれるんです。ここ重要。

だって、あいさつは気持ちがいい方がいいでしょう? ゴニョゴニョとしたあいさつより、ハキハキとしたあいさつの方が気持ちよくないですか?

あいさつは相手の顔を見て、ハキハキと発音するだけでいい

ここでいう「ちゃんとしたあいさつ」は、何も難しいものではありません。むしろ、超シンプルです。

  1. 相手の顔を見て
  2. ハキハキと発音する

たったこれだけです。

ここで大事なのは「あなたに挨拶をしてますよ」と伝わるようにすること。意識すること。

あいさつが出来るかどうかだけで、人当たりはガラリと変わります。なので、もし今「あいさつ出来てないなー」と思い当たる節があれば、ぜひ試してみて下さい。

3.相手との共通点を作る

自分と相手の「好きなもの」が近いと、話も進めやすいし、何より話してて楽しいです。

なので、ここではあまり気負わずに自分の好きなことを手がかりに、コミュニケーションを考えてみます。趣味の話が一番話しかけやすいですかね。

好きなテレビ番組や音楽、本など

例えば、好きなテレビ番組や音楽、本などが取っ掛かりやすいです。

一番ハズレが無いのは、その時にブームになっているもの。最近で言うと、ドラマ『逃げ恥』とか。

うしらく
先輩さん、ドラマ『逃げ恥』って見てますか?
先輩さん
うん、見てるよー。
うしらく
ぼく、まだ見てないんですけど、面白いですか?
先輩さん
面白いよー! 「恋ダンス」がマジでツボw
うしらく
「恋ダンス」って何ですか?! 今度見てみます!

上の会話は1つの参考例ですが、こんな感じで軽く話をふるだけでいいんです。ブームのものは話題が豊富なので、話しかけるハードルはかなり低いと思いますよ。

オススメされたものの感想を伝えてみる

相手から何かオススメされた場合。実際に自分で試してみて、その感想を伝えるとさらに話が膨らみます。先ほど、上で取り上げた『逃げ恥』を例にすると。

うしらく
先輩さん、『逃げ恥』見ましたよ。恋ダンスいいですね!
先輩さん
おお、早速見たんや。恋ダンスいいよね!
うしらく
Youtubeで「恋ダンス」を検索したら、踊ってみたシリーズが多くてビックリしましたw
先輩さん
踊ってみたシリーズやと、この動画が面白いよーw

あくまでも一例ですが、「恋ダンス」で話を膨らますとしたら、こんな感じでしょうか。

ここで肝なのが、相手のオススメを聞いたら、必ず「感想」を伝えることです。

仮に話が膨らまなかったとしても、それはそれで良し。とりあえず、勇気を出して同僚に話しかけた自分を褒めてあげて下さい

こうやって少しずつでも話しかけていくことを続けていると、自信が付いてきます。自信が付くと、「次はこういう話題で話しかけてみようかな」と考えるだけの余裕も持てるようになってくる。

今までぼっちだった自分が、ほんの少しでも前に進んだ。これだけで大きな進歩ですよ!

うしらく的まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回取り上げた「ぼっち克服法」は、ぼくが自分で考えて試してきた方法です。

無理せず自分のペースで、少しずつ前に進んでいく。たったこれだけで、1~2人くらいは世間話ができる同僚が現れます。

とはいえ、今日明日でいきなりコミュニケーションが上手になるわけではない。あくまでも、自分に無理のないペースで続けていくのがコツです。

ぼっちを卒業したいと思うあなたは、ぜひ試してみてください。「あいさつ」が一番ハードルが低く始められますよ!

あなたの不安をサクッと解決するLINE@

母の不倫がきっかけで家庭崩壊 → 過労により躁うつ病になる → その躁うつ病のせいで恋人にふられ、自殺未遂。つらい人生をのりこえてきたぼくだからこそ、今しんどいあなたに伝えたいことがある。ズバッと本音で答える「お悩み相談」もやってるよ!