まだカミングアウトで悩んでるの?病気や障害は恋人と「共有」すべき大切な個性だ

躁うつ病歴5年の、うしらく(@ushiraku)です。どもー!

ここ最近、LINE@にて「障害のカミングアウト」についてのお悩み相談が、とても多いです。

それらの悩みを要約すると、

読者
病気や障害のせいで「恋人」に嫌われたくない

という感じですね。

まぁ、ぼく自身、こういった気持ちはよく分かります。

やっぱり、大切な人には嫌われたくないですからね。

でも、かといって恋人に病状を隠し続けながらお付き合いするのも、精神的に苦痛です。

じゃあ、どうしたらいいのか?

躁うつ病のカミングアウトで「失敗」も「成功」も経験したぼくが、この悩みにズバッとお答えします!

障害や病気を、恋人にカミングアウトするべきか?

結論からいうと、恋人に病気や障害をカミングアウトしたほうが、圧倒的に「楽」です。

なぜ、そう断言できるのか?

それは、ぼくが躁うつ病のカミングアウトで、「失敗」も「成功」も両方経験したからです。

ぼくは一度、躁うつ病のカミングアウトで「大失敗」をした

ぼくは以前、持病を彼女に伝えないまま、1年間お付き合いしていました。

結果として、持病をカミングアウトした直後にフラれたのですが、この交際していた1年間は地獄でした。

なぜかというと、相手に対して「嘘」をつき続けていたので、罪悪感がハンパなかったのです。

ぼくが元恋人に隠し続けた5つのこと

この1年間、ぼくが元恋人に隠していたのは

  1. 自分が躁うつ病であること
  2. 躁うつ病の病状
  3. 毎日「薬」を飲んでいること
  4. 毎月「精神科」に通院していること
  5. 急に体調が悪くなった時のこと

など、病気にまつわる全てのことです。

薬を飲んでるのがバレると、病気のことがバレる!

個人的に一番辛かったのは、「薬を飲んでいること」を隠し続けたことですかね。

彼女宅に泊まりに行った時、「夕食後の薬」も「寝る前の薬」も、彼女がトイレに行ってる間に急いで飲んでいたので。

うしらく
もし、今彼女がトイレから出てきたら、全てがバレる!

こんな強迫観念にとらわれていました。

こういう焦りが1年間も続くのは、とても心臓に悪いですよ。ホントに。

病気や障害を恋人にカミングアウトするときの伝え方

まぁ、カミングアウトの伝え方に「正解」というものは存在しません。

それでも、ぼくがあえてオススメするのは「病気や障害のことをブログで発信する」方法です。

実際、ぼくは今お付き合いしているパートナーには、この「うしらくブログ」を読んでもらいました。

ぼくは口頭よりも「文章」で伝えるほうが得意らしい

人によって「得意な伝え方」は違うかと思います。

が、ぼくの場合は喋りよりも「文章」にしたほうが、自分の意見を伝えやすいんです。

なので、ぼくはブログをパートナーに読んでもらえて、とても幸せでした。

ブログはカミングアウトの「練習」にも向いている

自分の病気や障害を「誰か」に向けて発信するのは、とても勇気がいることです。

うしらく
ネットで叩かれたりすると嫌だしね。

でも、自分の病気や障害って、そんなに恥ずかしいものでしょうか?

ぼくの場合「躁うつ病」とは一生付き合っていかないといけないんですけど、もう恥ずかしさはありません。

ブログで持病について発信して、パートナーにも読んでもらえてるから。

逆に、ブログ上で躁うつ病のことをカミングアウトして良かったな、と思ってるくらいです。

病気や障害のカミングアウトは「早い」にこしたことはない!

ぼくは現パートナーには、交際初日に持病のことを打ち明けました。

というか、病気のことだけじゃなくて、自殺未遂のこと家族の不仲のことも、全て伝えました。

それでも、パートナーは「うしらく君の過去も含めて、全て好き」と言ってくれた

この時の喜びは、生涯で一番嬉しかったですね。

うしらく
ありのままの自分が、認められた気がして。

恋人に対して「本当の自分」で向き合っていける

早い段階でカミングアウトし、それが受け止めてもらえた場合、気持ちがマジで楽になります。

そして、持病を受け止めてもらえた分、尚更「真剣」にお付き合いしようと気持ちが固まりました

もちろん、自分で自分の病気や障害を「コントロール」出来るようにするのも、忘れてはいけません。

ぼくがやってる病状のコントロール法5つ

  1. 薬をちゃんと服薬する
  2. 病院には毎月通う
  3. 調子が悪くなった時はすぐに言う
  4. 「できないこと」を伝える
  5. 不安や心配はパートナーに相談する

ぼくが心がけている体調管理法は、上の5つですかね。

大切なのは、「自分とちゃんと向き合って、パートナーとも向き合う」こと。

これが出来れば、2人の仲がより深まりますよ。

うしらく的まとめ

さて、ここまでダーッとカミングアウトについて書いてきました。

ぼくが最後に伝えたいのは、「カミングアウトはやってみないと分からない」ということ。

確かに、カミングアウトの伝え方や練習は大切です。

でも、カミングアウトを受け入れるかどうかは「相手」が決めること。

うしらく
なので、言ってみないことには結果は分からんとですよ。
  • 嫌われたらどうしよう
  • ドン引きされたら嫌だな
  • このまま嘘をつき続けるか?

ぼくも、かつてはカミングアウトするかどうかで、かなり不安でした。

でも、今こうしてパートナーとお付き合い出来てるのは、カミングアウトしたからです。

やっぱり、「ありのままの自分」を好きでいてくれるのは、とても気持ちがやすらぎます。

病気や障害を恋人に隠して「罪悪感」に襲われてるあなたにも、この「心からの安らぎ」を体感してほしいと、ぼくは思っています。

カミングアウトは、とても勇気がいるもの。

だからこそ、ぼくはあなたの背中を押します!

うしらく
ファイト!

あなたの不安をサクッと解決するLINE@

母の不倫がきっかけで家庭崩壊 → 過労により躁うつ病になる → その躁うつ病のせいで恋人にふられ、自殺未遂。つらい人生をのりこえてきたぼくだからこそ、今しんどいあなたに伝えたいことがある。ズバッと本音で答える「お悩み相談」もやってるよ!