もし今日が人生最後の日だとして、あなたは満足に死ねるだろうか?

うしらく(@ushiraku)です。ども。

ぼくは常々、自分に問いかけていることがあります。

それは、『今日が人生最後の日だとして、ぼくは満足して死ねるだろうか?』というもの。

で、最近は「NO」という答えが続いているので、思い切って方向転換をすることにした。

仕事もプライベートも、とりあえず一旦「今の自分に合うものだけ」を残し、それ以外は排除します

人生は「有限」。

ならば、自分がやりたいことだけをやって、一緒に居たい人とだけ時間を共有するほうが絶対にいい。

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことをあなたは本当にやりたいだろうか?

ぼくが冒頭で述べた言葉は、あのスティーブ・ジョブズの名言を真似たものです。

スティーブ・ジョブズは、病気が原因で亡くなったと見聞きしています。

アップル社の共同創業者であるスティーブ・ジョブズは、2011年10月に病気のため死去しています。

死因は膵臓がんと言われています。スティーブ・ジョブズは、死因となった膵臓がんで長い闘病生活を送っていたそうです。

Pinkyより引用

命に関わる病気があると自覚したからこそ、毎日を大切に生きていたのではないでしょうか。

で、毎日を大切に生きるためには「やらなくていいこと」を省く必要があります

なぜなら、命は「有限」だから。

世の多くの人が「自分は80歳まで生きていられる」と勘違いしている

あなたは、日本の平均寿命を知っていますか?

2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳で、いずれも過去最高を更新したことが27日、厚生労働省の調査で分かった。

前年に比べ女性が0.15歳、男性は0.23歳延びた。過去最高の更新は女性が4年連続、男性は5年連続。

国際比較では男女とも香港に次いで世界2位となった。

日本経済新聞より引用

こちらの記事によると、

  • 男性:80.98歳
  • 女性:87.14歳

となっています。

まぁ、健康体であれば、男女ともに80歳までは生きていられるという計算になりますね。

でも、これはあくまでも「平均」。

実際には、80歳まで生きられない人もいるわけです

人生何が起こるか分からない。明日死ぬかもしれないよ?

人生、どこで何が起きるかは誰にも分かりません。

  • 明日、交通事故で死ぬかもしれない
  • 明日、死の病にかかるかもしれない
  • 明日、通り魔に殺されるかもしれない

こういった考え方は、ただ単にぼくがネガティブだからでしょう。

でも、交通事故で死ぬってのはわりと身近なことですからね。

交通事故で毎日11人くらい死んでいる(年間)

平成27年中の交通事故死者数は4,117人で、15年ぶりに増加となりました。

1日平均の死者数は11.3人で、2時間8分に1人が交通事故で死亡しています。

一般財団法人 全日本交通安全協会より引用

ぼくが住んでいる家の近所では、しょっちゅう交通事故が起こっています。

その全てが死亡事故ではないにせよ、身の回りに「死につながる原因」があるというのは、恐ろしいことです。

交通事故で毎日11人くらいの人が死ぬって、かなり多いと思いませんか?

明日は、我が身かもしれない。

自殺で一度死に損なったぼくは、生きる意味を毎日考えている

ぼくは自分勝手な行動で、自分の命を絶とうとしました。

結果、死に損なって半年間の入院生活を送ったわけなんですけども。

で、この入院生活中に、自分がこの先「生きる意味」をずっと考えてたんですよね。

自分の幸せを、自分で勝ち取るために生きることにした

ぼくはこれまでの人生、ずっと人の顔色を伺って生きていました。

  • 彼女から嫌われたくない
  • 上司から嫌われたくない
  • SNSで嫌われたくない

みたいな感じで。

でも、こういう生き方って、結局は誰からも好かれないんですよね。

なので、自殺未遂を機にぼくは、自分のことだけ考えて生きることにした。

  • 自分の本音をぶちまけ
  • 大切な人とだけ過ごし
  • やりたいことだけやる

そしたら、生きるのがとても楽になったんです。

まるで、自分が人生の「主人公」になったような。

そんな感覚を味わえました。

自分を大切にし、目の前の人を大切にすることでしか「幸せ」はやってこない

今のぼくが思う「幸せ」は、至ってシンプル。

  1. 自分自身を大切にして
  2. 目の前の人も大切にする

この2つだけです。

逆に、この2つ以外は存在しないといっても過言ではない。

今目の前にいる大切な人は、明日には「いない」かもしれない

今目の前にいる、あなたの大切な人。

もしかしたら、その人は明日、交通事故で死ぬかもしれない

予めそういう未来が訪れると知っていたら、あなたは今どうやって過ごすでしょうか?

  1. 温かい食事を2人でゆっくり楽しむ
  2. ぎゅーっとハグをする
  3. 一緒に添い寝して過ごす

ぼくは、上記3つのことをやると思います。

「あの時、あの人ともっと一緒の時間を過ごしたかった!」と後悔しないためには、やはり目の前にいる人を大切にするしかない

なぜなら、ぼくは後悔する人生を歩みたくないから。

うしらく的まとめ

自分の人生も、目の前にいる大切な人の人生も、全て有限。

いつまで生きらていられるのかなんて、誰にも分かりません

だったら、大切な人を、思いっきり大切にしなきゃ。

人が後悔するのは、

自分が怠けて生きてきたと実感する時

だと思います。

自分を大切にするためにも、大切な人を大切にするためにも、毎日自分に問い続けましょう。

今日が人生最後の日だとして、わたしは満足して死ねるだろうか?
The following two tabs change content below.
うしらく
双極性障害のカミングアウトで失敗し、自殺未遂した経験あり。事の顛末をブログに書いたら大きな反響を呼び、テレビ出演しました。現在は障害をオープンで働きながら、ストレスフリーな毎日を生きています。 詳しいプロフィールはこちら

「精神障害を克服するコツ」を配信中。あなたが今抱えている『精神障害への悩み』が紙一枚分軽くなります。病気療養から社会復帰まで、役立つ情報をお届け!