【同窓会】18年ぶりに会って来たよ! この興奮を聞いてくれ!!

こんにちは! うしらく(@ushiraku)です!
2016年1月2日、小学校の同窓会に参加してきました!
小学校を卒業したのが1998年だから、なんと18年ぶりの再会

私たちはみんな30歳になっていて、家庭をもっている人もいれば、独身の人もいました(私は後者です)。

会場に着くまではかなり緊張してたけど、みんなに会ってみると意外と話が弾んで、すぐに緊張が解けました。なんか不思議な感覚(笑)。
 

それぞれの近況!

会話の中で出る第一声は「もう結婚した?」とか「今仕事は何しよるん?」とかいう話がほとんどです。私もそうでしたし。
やっぱり、みんながどんな大人になってるのか、お互いに気になるのでね!
 

結婚してる人と、独身の人との割合は半々!

みんなと話していく中で、結婚組と独身組は半々くらいの割合だということが分かりました。
まぁ、こんなもんかなー。

既婚の友達から「結婚した!」とか「子供が生まれた!」と聞くと、なんだか嬉しい気持ちになりますね。

スマホの待受け画面を子どもの写真にしてる人もいて、親バカっぷりが垣間見られたりして面白かったです(笑)。
 

仕事も人それぞれ違っていて面白い!

テレビ局のディレクター、フレアバーテンダー、看護師などなど…かつて小学生だった子どもたちが、今は社会人として立派に生きています。私も含めて。
 

みんな大人になったよね!

こうしてみんなで集まり、お酒を飲んだりタバコを吸ったり(私は吸わないけど)しながらワイワイガヤガヤ楽しむこの時間を、子どもの頃には想像していませんでした。

子どもと大人の明確な違いはよく分からないけど、それでも私たちは大人になったと思います。

なんというか、「落ち着きがでた」という感じですかね。
お互いの話を聞き合えるようになったから、そう思うのかな。
 

変わり果てた四天王!

さてさて、同窓会といえば「みんなの変わりっぷり」が一番の目玉です。
18年ぶりに会ってみて、「おまえ変わりすぎやろ!」とツッコミを入れてしまった四天王について書いていきます。
 

ノブ (組長かっ!)

なかはら
子供の頃から「コワモテ」なノブは、18年の時を経て、更に極悪な「コワモテ」になっていました(性格はめっちゃ優しいんですけどね)。

どんな外見かというと、ツルツルのスキンヘッドで尖ったサングラスをかけ、スカジャンを着てたんですよ。
もう、どっからどう見ても極悪すぎるやろっ(笑)。

でもね、めっちゃ親バカなんですよー!
つい最近子どもが生まれたらしく、子どもの話になるとデレッデレな顔をしていました。
スマホの待ち受け画面が子どもの写真になってたし、どんだけ親バカなんだっ(笑)。
 

ヒロ (ギャル男かっ!)

いっし
元生徒会長だったヒロは、なぜかギャル男になっていました。

髪型はスーパーサイヤ人なみにツンツンで、服装も原宿系な感じ。昔はいつも角刈りだったんですけどねぇ。

あと、ちょっとおデブになってました。
『ドラゴンボールZ 』で例えるなら、フュージョンに失敗したゴテンクスに近いかな(笑)。
 

バボ (出世したなっ!)

バボ
子供の頃からかなり変わっている立ち位置の男が、通称「バボ」
文字に起こしてみると、本当に変なニックネームやなっ!

「バボ」というニックネームは、小学5年生のころから定着してますが、由来については特にないとのこと(笑)。

彼には、色んな武勇伝があります。その中でも一番強烈なのは「犬のうんちを食べた」ことですね。

ある日、友達5人で遊びに行っているとき、道端に落ちていた「犬のうんち」をいきなり食べたんですよ。何の前触れもなく。
その場にいた全員が爆笑したのを今でも鮮明に覚えていますが、本人は全然覚えてませんでした(笑)。

今はテレビ局のディレクターとして働いていて、家庭も持っているようです。
うーん、職場や家庭での生活シーンが全く想像できないなぁ(笑)。
 

タクミ (イケメンだなっ!)

おおえ予定
一番驚いたのは、タクミの変わりっぷり!
なんと、イケメンバーテンダーになっていたんですよ!

今回の会場はタクミが経営しているバーで、料理から店の切り盛りまで頑張っている彼の姿を見みました。
むむむ、昔はただのイタズラっ子だったのに、今ではすっかりバーのマスターになってます。

同窓会の後半では、タクミのバーディングの技をみんなで間近で見て、盛り上がりました。
タクミが披露した技は「フレアバーディング」という、ジャグリング要素を加えたシェイク技。

酒瓶を放り投げてキャッチしたりカクテルをたくさんの色に変えたりする技を見せてくれたんですけど、目の前で何が起こってるのか、まったく分かりませんでしたよ(笑)

映画『カクテル』のトム・クルーズみたいで、めっちゃカッコ良かったです!
 
カクテル [Blu-ray]
 

番外編:ヤマシタ先生 (相変わらずっ!)

せんせー2
実は、シークレットゲストで、当時の学年主任だったヤマシタ先生も来ていました。これは、かなりビックリした!

子供の頃の記憶だと、かなり体格がよくて大きな先生だったんですけど、大人になって会ってみても相変わらず大きかったです。

まぁ、私は身長183cmなので少しだけ勝ててたかな(笑)。

ヤマシタ先生は、今も地元の学校で教師として働きながら、少年サッカーチームのコーチもしていると話していました。

本当に「教師」という職業が似合うし、今も変わらず「子どもたちに教えること」が好きなんだなと感じましたね。
まさに、プロフェッショナル!
 

卒業アルバムを見たよ!

幹事(クロちゃん)が卒業アルバムを持ってきていたので、みんなで回し読みしました。
もうね、「懐かしいーっ!」と連呼せざるを得ない!
 

楽しい思い出

修学旅行やキャンプ、体育祭といったビッグイベントな写真の中にいるみんなは楽しそうでしたね。当時は嫌々やらされてた感があったけどなぁ(笑)。

私がアルバムの中で一番好きなページは、クラスごとの写真一覧。一人ひとりが名簿順に載ってるとこです。

なぜかというと、片思いだった女の子「カバラさん」が載っているから

小学2年生の頃はカバラさんが好きすぎて、いつもスカートめくりをしたりスライディングして下から覗いたりしていました。ほとんど白パンだったかな(笑)。

あとは、カバラさんの髪の毛にハミガキ粉を擦り付けたりとか、ランドセルを奪って走ったりもしてましたね。さすがに、リコーダーは舐めてませんよ

ああ、カバラさんエピソードについてもう少し書きたいけど、私がヘンタイモードに突入してしまいそうなので自重します(笑)。

楽しい思い出だけじゃない

クラスごとの写真を見ていると、7年前に亡くなってしまった「サヤカちゃん」の写真が目にとまりました。

バレーボールが好きで、かなり活発な女の子。家が近かったので、一緒に帰ったこともあります。
喋り方や笑い声などをハッキリと覚えているだけに、「サヤカちゃん」の写真を見るとかなり胸が痛かったです。

だって、同窓会には絶対に来られないんですから…。

もし、サヤカちゃんが同窓会に来ていたらどんな話題で盛り上がっただろうか。
この場でどんな風に笑っているだろうか。

そんなことをぼんやりと考えながら、アルバムをそっと閉じました。
 

さいごに伝えたいこと!

今はLINEやFacebookのおかげで色んな人たちと連絡が取りやすくなりましたが、同窓生の全員が集まることは絶対にないでしょう。

仕事や家庭の都合で予定が合わないし、これから先も全員が生きていられる保証なんてありません。

「あの時会っていれば良かった」と後悔しても、もう遅いんですよ。

なので、もし同窓会の誘いがあったならば、とりあえず行ってみてください。行ってみて楽しくなかったら途中で抜ければいいだけの話で。

まあ、なんだかんだで過去のバカ話や失敗談で盛り上がりますよ。
特に、うんち漏らした話とかは鉄板ネタですね(笑)。