【悲報】読者から「死ね」って言われてクソ凹んだ話

うしらく(@ushiraku)です。

つい先日、とてもショッキングな出来事がありました。

それは、ぼくのブログ読者から「死ね」って言われたこと

これは、かなり傷ついたよ。うん。

今回は、この件に関する経緯とやりどころのない悲しみを、この場でぶちまけようと思う。

9月8日、ぼくにとって「大切な恋人」ができた

この件の始まりは、ぼくに恋人ができたことでした。

ぼくは今から約一年前に失恋して以降、「もう自分は恋愛なんてしないだろう」とずっと思ってました

恋愛で傷つくのが嫌だったからね。

関連記事:躁うつ病(双極性障害)を恋人にカミングアウトしたら一瞬で拒絶された話

でも、ひょんなきっかけから、ぼくはまた恋をすることになりました。

そして、9月8日。

とても大切な人と、恋仲になったのです。

人生に消耗していたぼくでも「幸せ」を手にできたことを、読者さんに伝えたかっただけ

失恋でズタズタに傷ついて自殺未遂をしたぼくでも、這いつくばってでも生きてたら人生が好転した。

そのことを、ぼくはLINE@の読者さんに伝えたかっただけだったのに。

なのに、「心無いひと言」でぼくの心は切り裂かれました

悪意のある「死ね」は、人の心を踏みにじる凶器

ぼくに寄せられた悪意あるメッセは、こんな感じの文言だった。

死ねよ。

そんなに自慢したかったんか?

失恋ごときで自殺未遂するとか、お前の人生は薄っぺらい人生だな。

若干文脈を変えているが、ほぼこんな感じ。

いやいや、お前何様だよ。

仮にぼくの人生が薄っぺらいとして、お前にどんな迷惑をかけてるんだ?

「薄っぺらくない人生」って、どんな人生?

このメッセを見て、ぼくは1つの疑問を抱きました。

それは、「薄っぺらい人生」と「そうでない人生」の違いってなんだろう、ということ。

どういう動機で自殺未遂をすると、「薄っぺらくない人生」なんだろ。

  1. 猛烈ないじめに合わないとダメ?
  2. ブラック企業でパワハラに合わないとダメ?
  3. 重い病気にかからないとダメ?

ぼくには、人生においての「薄っぺらさ」の基準が分かりません。

めちゃくちゃ辛い思いをした人じゃないと、自殺しちゃダメなんですかね?

でも、その「つらさ」って誰が測るんでしょうか。

どんな世の中でも「クズな人間」は一定数いるんだなと思った

今回の一件で思ったのは、クズな人間はどこにでもいるんだなというもの。

で、他人の幸せを素直に祝福できないような、クズな人間はどこまでいってもクズなまま。

そういう人は、どこにいっても嫌われ続けるだろうから、結局はずっと孤独なままでいるんだろうな

まぁ、ぼくはクズな人間とは関わりたくないので、即ブロックさせてもらったよ。

これからの人生は、ぼくと全く関わらないとこで生きていってくださいね。

あと、ぼくの人生は薄っぺらくないので。そこんとこ、よろしく。

あなたの不安をサクッと解決するLINE@

母の不倫がきっかけで家庭崩壊 → 過労により躁うつ病になる → その躁うつ病のせいで恋人にふられ、自殺未遂。つらい人生をのりこえてきたぼくだからこそ、今しんどいあなたに伝えたいことがある。ズバッと本音で答える「お悩み相談」もやってるよ!