なぜSNSのフォロワー数を必死こいて集めてるの?

9cdeb8ab-16d7-4b53-aaa8-358ce1e36b8b-13759-00001993f532b94b_tmp

ども。うしらく(@ushiraku)です。ぼっちでも好きに生きてます!

ぼくが前から抱えてた疑問の1つに「なぜSNSのフォロワーを必死こいて増やそうとしてる人がいるのか?」があります。

特に最近はTwitterやInstagramにて、フォロワーの増減で一喜一憂する人たちをたくさん見かけるようにもなりました

そんなに必死こいてフォロワーを集めて、その先に何を見てるんだろうか?

SNSのフォロワー数を必死に増やしてどうするの?

今ではSNSっていろんなサービスがあるけど、主なのはFacebookやTwitter、Instagramかなと思う。最近だとLINE BLOGも入るのかな。

ぼくは元々SNSをそんなに活用できないタイプで、というかコミュ障なので、たくさんの人とやりとりするのが苦手だ。

だからこれまで、フォロワー数のことなんて気にしてなかったし、増えても減っても一喜一憂したことは一度もないです。

でも、世間ではそうじゃないらしい。フォロワーの増減で一喜一憂してる人がわりと多いらしい。

なぜ?

SNSのフォロワーを駒として見てないか?

まず、ぼくが最初に気になったのが「フォロワーを自分の駒として見てないか?」というもの。フォロワー数で一喜一憂してる人たちは、フォロワーを駒として見てやしないだろうか、と。

SNSではフォロワーが増えると、自分が発信した情報がたくさんの人のタイムラインに流れる。そこから拡散されると、更にたくさんの人に情報が届く。結果、たくさんの人に読んでもらえる。

たとえばブログやってる人は記事をたくさんの人に読んでもらえるし、絵描きさんはたくさんの人に作品を見てもらえる。youtubeで動画配信してる人もそうだ。

この一連の流れ自体はネットで配信活動する上でメリットではあるのだけど、この仕組み自体にフォーカスし過ぎると、いつからかフォロワーを増やすことが目的になってしまいます。

つまり、最初は配信活動ありきのSNSだったのが、いつしかSNSありきの配信に擦り変わる。で、フォロワーの増減におどらされることになるのだ。

でもこれって、自分の情報をたくさん流すための、フォロワーを駒として見てませんかね?

今周りにいるフォロワーを大切にしろよ

フォロワーの増減に夢中になってる人は、今周りにいるフォロワーを忘れてしまいがちだ。

SNSを始めたばかりの頃から応援してくれてる人たちを置き去りにし、新規顧客を集めることに必死になってしまってる。これだと、いずれ誰からも見向きもされなくなっちゃいますよ?

また、まだ見ぬフォロワーに好かれそうな記事ばかり量産してると、コンテンツの質も落ちるし、何より自分が楽しくなくなる

結果、今まで応援してくれてたフォロワーも離れていくかもしれません。

まとめ「少数の共感してくれるフォロワーを大切にしたい」

ブログを長年やってるとPV数(閲覧数)を気にしがちだし、SNSだとフォロワー数や拡散数を気にしがちになる。

数字は確かに目に見えるデータではあるけれど、データを追ってるだけでは人との繋がりは得られませんよ。

結局、ネットがどこまで発達しようともデバイスの向こうにいるのは人間なので、小手先だけのSNSノウハウでは人の心はつかめない

ぼくはフォロワー数どうこうよりも、今自分の周りにいる人たちとの関係性を大切にしていきたいです。