あなたの仕事って「何円」ですか?

こんにちは! うしらく(@ushiraku)です!

わたしは時折、「自分の仕事をお金に換算すると何円になるのだろうか」と考えることがあります。

世の中の働き方としては、会社に勤めて、会社から決められた額を収入とするパターンが多いですよね。アルバイトだと時給制、正社員だと月給制という感じで。

でも、ここ最近ではネットを通してお金を稼ぐことが出来ます。それは、自分のスキルを提供したりブログの広告収入だったりと、人によってやり方がかなり異なるんですが、何かしらのカタチで収入に繋げられるようになってきました。

会社で働くときは会社がお金を決めて、自分で稼ぐときは自分がお金を決める。こういう世の中になってきて、わたしは「自分の仕事は何円なのだろうか?」と思うようになったのです。

うしらくの仕事

では、わたしの仕事について振り返っていきたいと思います。

書店での仕事

わたしは現在、書店で働いています。雇用形態はアルバイトなので、時給制です。

時給制だと、仕事量は関係なく「会社で仕事をしている時間だけのお金」を貰います。自分の時間を売っているというわけですね。

仕事の質ではなく、働いた時間をお金に換えるのって何か変だなと思っています。人の時間をお金で買うっていうのがね。

WEBライター

以前、WEBライターとして活動していたときはネット上のメディアに所属し、契約制で仕事をしていました。

わたしが所属していたメディアの換金システムはとても面白くて、「記事を入稿してから1週間の再生数とSNSでのバズり具合」で金額が上下するというものでした。

なので、完全なる実力主義だったんです。何千字、何万字書こうとも誰からも読まれなければ一銭にもならない。シンプルイズベスト(笑)。

何というか、収入を得るのがゲーム感覚で面白かったですね。締め切りはきつかったけど、それでもやりがいのある仕事だったし、わたしの価値観を大きく変えてくれました。

「ランサーズ」での仕事

クラウドソーシングサイト「ランサーズ」でも1件だけ仕事をしました。

クラウドソーシングの仕事は「外注作業」のことで、ランサーズのサイト上で募集されている仕事を自分で請け負って、収入を得るいう感じです。

わたしが選んだのは執筆に関する仕事でした。1件1000文字を書いて150円くらいの内容だったので受けてみたのですが、これがまあ全然楽しくなかった(笑)。

金額どうこうよりも、あらかじめ書く内容を細かく指定されているところが面白くなかったんだと感じています。わたしには、性質的に合っていなかった…。

ブログ

わたしのブログ『うしらくの野望』は、今のところマネタイズしていません。なので、何万字書こうとも0円です(笑)。

1記事書くにもわりと時間をかけてるし、労力も使っています。でも、お金は入ってこない。仕事として捉えるならば、超がつくほどの大赤字。でも、楽しいから書き続けているんですよね。

わたしは特にインタビュー記事や紹介記事を書くのが好きなんですが、これを他人から「お金を支払うのでインタビューして下さい」とか「~円出すので紹介してください」と言われて書くと、一気につまらない文章になると思います。だって、わたしの興味が湧かないから。

なので、現時点ではブログをマネタイズとして繋げていなくても、書くのが楽しいから続けているという感じです。お金はほしいですけどね(笑)。

note

わたしは現在、noteでも活動中です。

noteでは自分が書いた記事を「有料設定」出来る機能があって、値段を自分で決めることが出来ます。わたしはこれまで何本か有料記事をリリースし、運良くたくさんの方々にご購読していただきました。

無名の書き手が作った記事を、お金を払って読んでくれる。この体験も、わたしの仕事の価値観を大きく変えてくれました。

売れるも売れないも実力次第ですからね。記事の内容だけじゃなくて、PRの仕方が売り上げを大きく左右するってのが、とても面白いです。

うしらくのまとめ

今回この記事を書いたのは、わたしがここ最近お金について考えることが多かったからです。

というのも、わたしは今月末で今の職場を退職し、1ヶ月間プログラミングスクール「TECH::CAMP(テックキャンプ)」に通います。貯金はないので、かなり崖っぷちな生活です(笑)。

それで、退職する際に周りから言われたのが「次の仕事どうするの?」ということ。

心配してくれているのはありがたいんですが、何でそこまで次の仕事にこだわるんだろうと疑問に思ってしまうんですよね。

プログラミングを学びながらやりたい事は自然と決まってくるので、そこで決めていけばいいんじゃないかなと思うのですが…。

退職して次の仕事のことを不安に思う人たちは、おそらく時間給制でしか働いたことがないからなのかもしれません

今の時代、お金を得る手段は数えきれないほどありますよ?