ども。うしらく(@ushiraku)です。

今年に入ってから、なぜかぼくは「ブログ経由」で相談を受けることが多い

  1. ブログのお問い合わせページからの相談
  2. ぼくのTwitterアカウントからの相談
  3. ブログの無料LINE@からの相談

相談のルートは、上の3つに分かれている。

ぼくは相談を受けること自体は嬉しいし、相談者さんのお悩み解決に全力で答えているのだけど。

ただ、そういった相談の中で一番困ったことがある。

しぬ子
死にたいんですけど、どうやったら死ねますか?
うしらく
いや、それぼくに聞いてどうすんの? ぼく死んだことないんだけど。

ぶっちゃけ、死にたいって言われても、ぼくには答えられないよ。

いきなり「死にたい」ってメッセされても、どうしようもできない件

本当に困るのが、いきなり「死にたいんですけど」ってメッセがくることだ

ぼくがなぜ困るのかというと、理由は2つに分かれる。

  1. 死にたいほどつらい悩みがあるけど、「解決」したいのか?
  2. ただ死にたいって言って「かまってほしい」のか?

この2つのどちらかで、ぼくの対応が変わってくるからだ。

まず、前者の場合は相談者さんと一緒に「解決策」を探す。

が、後者の「かまってアピール」の場合は、スルーするしかないのだ。

悩みを解決したい人と、悩んでるふりしてる人は全く違う生き物

色んな人のお悩み相談にのっていると、人は2つの人種に別れていることが分かった。

  1. 悩みを解決したい人
  2. 悩みを解決したくない人

この2つの人種は、似ているようで全く違う。

「悩み」というものを抱えてはいるが、解決したいかどうかという点で全く違うのだ

悩みを解決したい人は、アドバイスをすれば前に進んでいく

悩みを解決したい人は、それがどんな重い悩みでも「前に進みたい」と強い思いを持っている。

なので、こういった方には解決策をアドバイスするだけで、勝手に前に進んでいく。

ぼくにできることは、背中をおすことだけだ

相談者さんが自立しているから。ぼくは、自転車の補助輪のような立ち位置でしかない。

悩みを解決したくない人は、アドバイスをドブに捨てていく

反対に、悩みを解決したくない人。死にたいってアピールしてくる人は、アドバイスなんてこれっぽっちも求めていない。

こういった人はただ単に、心配してほしいだけなのだ。よしよしされたいだけだ

うしらく
どしたん?!死にたいの?!もう大丈夫だよ!…とでも、ぼくが言うと思った?

正直、ぼくは善人ではないし、時としてズバッときついこと言う人間だ。

本気でアドバイスを求めている人にとっては、ぼくも本気の解決策を与えたいから。

でも、こちらがいくら本気になっても相手がアドバイスを求めていないのであれば、それはドブに捨てられるだけになってしまう。

馬の耳に念仏。猫に小判。豚に真珠。

そんなムダなことに時間を使うくらいなら、ぼくは本気で困ってる人や悩みを解決したい人の相談にのりたい

「飛び降りたときの気分ってどんな感じでしたか?」ってさ、それ聞いちゃう??

また、一番イラッとした質問がこれだ。

しぬ子
飛び降りたときの気分ってどんな感じでしたか?
うしらく
いや、こういうのよく平気で聞いてくるよね。どういう神経してんの?

ぼくはなるべく質問に答えるようにはしてるが、さすがにこういった質問には答えられない

なぜかというと、飛び降りたときのことを思い出すのが、とんでもなくツラいことだからだ。フラッシュバックほど、しんどいものはない

よくもまぁ、こんな質問ができるなと、ある種感心してしまった。どんな神経してるのだろうか。思いやりというものが、まるで欠如してる。

申し訳ないけれど、こういう質問は全力でスルーしている。

ぼくが相談にのれるのは「本当に悩みを解決したい人」だけ

さて、最後にこれだけは言っておきたい。

ぼくが相談に乗れるのは、本当に悩みを解決したい人だけだ。もしくは、今悩んでいることがあって、背中を押してほしい人だけ

つまり、ぼくがアドバイスすることによって、相談者さんが前に進めることのみ「対応可」となっている。

死にたいアピールがしたいだけの人や「かまってちゃん」は、ネット掲示板か自分のTwitterにでも垂れ流しておいてほしい。そのほうが、お互いのためになるから。

というわけで、ぼくがやってるLINE@でのお悩み相談では、本気で悩みを解決したい人からの人生相談をお待ちしています。

あなたが本気で悩みを解決したいのなら、ぼくは全力でアドバイスするので、悩みを一人で抱えずに相談してくださいね!

>>相談はこちらのLINE@からどうぞ

あなたの不安をサクッと解決するLINE@

母の不倫がきっかけで家庭崩壊 → 過労により躁うつ病になる → その躁うつ病のせいで恋人にふられ、自殺未遂。つらい人生をのりこえてきたぼくだからこそ、今しんどいあなたに伝えたいことがある。ズバッと本音で答える「お悩み相談」もやってるよ!