知ってた? 最大の不幸は「周りの目」を気にしながら生きることなんだよ

うしらく(@ushiraku)です。ども!

ぼくはずっと、

  • 幸せって何か?
  • どうやったら幸せになれるのか?

を、毎日考えてきた。

この難問に悩んでいたのだけど、ついさっき「自分にとっての答え」が出たので、ここに書き記すことにする。

1年後の自分に向けた「手紙」のような感覚で、書いていこうと思う。

一番の幸せは「大切な人」と温かい時間を共有すること

ぼくにとっての一番の幸せは、大切なパートナーと温かい時間を共に過ごすことだ。

温かい時間とは何か?

それは、同じテーブルに向かい合い、テレビを見ながらご飯を食べることだ。

パートナーの表情や反応を見ながら食事するのが最高に幸せ!

例えば、お笑い番組を見ながら食事をすると、パートナーの笑った顔が見える。

うしらく
ああ、この人はこういう笑い方をするんだなぁ。

と、ぼーっと目の前の笑顔を眺めるのが、最高に楽しい

またある時は、アニメを見ながら食事を摂る。

すると、パートナーが箸をとめて、テレビに見入る。

うしらく
どんだけ夢中になってんねんw

と、心の中でツッコミを入れながら、パートナーの横顔を見るのがとても好きだ。

こういう何気ない時間を共に過ごしている瞬間、ぼくは

幸せだなぁ。

と、つくづく実感する。

金がなくても豪華な家に住んでなくても、幸せは「今ここ」にある

ぼくは、金を持っていない。

だから、毎月かなり節約しながら過ごしている。

うしらく
主夫になれそうな気分ですw

だけど、いくら金があっても大切な人と心が通い合っていなければ、その金はほとんど「無価値」になるんじゃないかなと思う。

もちろん、お金は大事。

安定した生活が保証されないと精神衛生上よくないし、金がケンカの原因になることもあるだろうから。

それでも、金だけにフォーカスするんじゃなくて、今目の前にある幸せを大切にすることが、何よりも重要だ。

豪華な家に住んでる奴ら全員が「幸せ」とは限らない

ぼくが住んでる地域には、超高級マンションが建ち並んでいる。

街中を歩いてると、普通に高級車も目にするし。

うしらく
ポルシェ、レクサス、BMW、ベンツとかね。

でも、果たして彼らは本当に幸せなんだろうか?

確かに、生活水準の高い暮らしは、色々と便利だろう。

毎月のお金のやりくりに神経使わなくていいし、外食だって、し放題だ。

それでも彼らの表情は曇っている

ぼくは、そんな生活水準の高い人たちの「表情」を観察するのが好きだ。

何故かと言うと、金持ちでも「あんまり幸せそうじゃない人」が割りといるから。

  • いくらブランド物で着飾っても
  • 高級車を乗り回しても
  • 高級マンションに住んでても

表情が暗かったり、眉間にしわを寄せてる人たちが一定数いるんだよね。

これってつまり、お金の「多寡」で幸せが決まるわけじゃない、ってことで。

うしらく
他人の経済力と比べなくてもいいんや。

幸せって、自分で決めるもの

結局、行き着いた答えは至ってシンプル。

自分の幸せは、自分で決めるもの

当たり前のことだけど、ぼくはずっと忘れてたよ。

  • つい他人と比べたり
  • つい親の許可を求めたり
  • ついSNSで幸せアピールしたり

周りの様子を伺いながら生きる人生こそが「最大の不幸」

どんなに辛くても、どんなに金がなくても、どんなに孤独でも、自分の幸せは自分で決めなきゃね

ていうか、自分で決めていいんだよ。

自分の人生なんだからさ

うしらく
1年後のぼくへ。ぼくは今、最高に幸せだ!

精神障害を克服するためのLINE@

「精神障害とうまく付き合うコツ」についての情報を配信中。無料で個別のお悩み相談もやってます。障害をオープンにして2年半働いているので、『精神障害と働き方』のアドバイスが得意です。