disる覚悟はあるのかい?マンガ『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』を批判する野次馬たちよ

炎

こんにちは! うしらく(@ushiraku)です。

ここ数日、ネット上を賑わせているマンガがありますね。
そのマンガとは、みことさん作『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』です。

冒頭では賑わせてるという表現を使いましたが、ネット上ではdisっている意見が飛び交っています。

そこで、何でこんなにdisられているのかを考えてみました。

マンガのストーリー

マンガ本編のストーリーをわたし視点でざっくりと説明すると以下の通りです。

  • 同じアニメが好きな主人公と友だちが、映画化されたアニメを一緒に見に行った。
  • 主人公は「最高」だと感じるほどに良い感想を持ったけど、友だちは「最悪」だと言った。
  • それから一人で映画を見返してみても、友だちからの批判が頭をよぎって作品の世界観に浸れなくなった。
  • 「批判」のせいで最高の思い出をぶち壊された。

論点がズレてるよね?

このマンガ『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』は、Twitterでは約37,000リツイートされていてネットニュースにも取り上げられるなど、かなり話題となっています。

ただ、わたしが見た限りでは否定的な意見、disりが多かったです。どんなdisりが多かったかというと…

被害者ヅラしてんじゃねーよ!

多くの人の心に引っかかっているモヤモヤは、主人公の悲観的な感情じゃないでしょうかね。

他の意見も挙げてみましょう。

  • 実話なの?フィクションなの?
  • てか、釣りでしょ?
  • 「批判」が怖いなら一人で見に行けよ!
  • お前の作品愛はそんなものなのか?
  • ちゃっかりマネタイズしてんじゃねーよ!

うん、なんというかマンガのストーリーから論点がズレまくってるんです。

実話かどうかとか、どうでも良くないですか?

釣りって、そんなに悪いことなんでしょうか?

「批判」されて傷ついたという悲観的な描き方が気に入らないのでは?

あと、マネタイズは全然アリでしょうよ(笑)。

論点は「マネタイズ」へとズレていく

作者であるみことさんは、今回のマンガが巻き起こした騒動についてを有料記事として配信されているのですが、これが更なるdisりを生んでいます。

有料記事の内容はマンガ形式として描かれています。値段は200円。

わたしは実際に買って読んでみたのですが…

一つの読み物」として、めっちゃ面白かったです!!

主な内容としては、マンガ『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』を描いたきっかけについて。

また、マンガが公開されてからTwitterやネットニュースで話題になった後、どんな気持ちだったのかを事細かに書かれています。

が、この2つの有料記事が更なるdisりを生んじゃってるんですよね。

それは何故か!

お金が絡んでいるから!

要は「無料マンガで釣っといて、有料記事でお金を巻き上げる寸法か!結局はカネのためか!ぺっ!

という、更に論点がズレたdisりに移っちゃってます。

別にいいじゃん、マネタイズしたって。無料と有料の使い分けの何がいけないのかな。

「被害者ヅラ」で描かれたマンガでお金を取られるのが気にくわないの?

Twitterでのバズりから有料記事までの全ての流れが作者の計算上だったら尚更許せないの?

これからの時代、作り手が自分の作品を計算してバズらせるのは当たり前だと思うんだけどなぁ。そんでマネタイズに繋げていくのも一つの創作でしょうに。

うしらく流まとめ

ということで、今回は「他人の作品をdisる意味を一度考えてみてほしい」というメッセージを込めた記事を書きました。

わたしの意見としては、とりあえずdisる暇があったら自分の記事や作品をバズらせることをやってみたらどうかなって思うんですよね。

バズらせるって、めっちゃ難しいですから。

あなたの不安をサクッと解決するLINE@

母の不倫がきっかけで家庭崩壊 → 過労により躁うつ病になる → その躁うつ病のせいで恋人にふられ、自殺未遂。つらい人生をのりこえてきたぼくだからこそ、今しんどいあなたに伝えたいことがある。ズバッと本音で答える「お悩み相談」もやってるよ!