人気声優の熱愛で炎上するファンはただのモンスタークレーマーでしかない


ども。アニメ大好き、うしらく(@ushiraku)です。

先日、人気声優の花澤香菜さんと小野賢章さんの熱愛が発覚したニュースを目にしました。

2月18日に「週刊文春デジタル」で報じられた花澤香菜(28)と小野賢章(27)という人気声優同士の熱愛同棲。花澤は、映画『君の名は。』やアニメ『3月のライオン』(NHK)などでも活躍、一方の小野も、映画『ハリー・ポッター』シリーズの吹き替え版で主人公役を演じるなど実力派声優としても知られている。(引用:NEWSポストセブン

人気声優の熱愛や結婚ニュースはファンの間で炎上しやすく、Twitterやネット掲示板は荒れ狂うことが多いのですが、今回のお二人の一件はわりと応援ムードで見守られています。

が、それでもやはり一定数のファンは、熱愛ニュースを見て手のひら返したように冷たい言葉を書き込んでいました。

一人ラジオの初期からファンで、何があっても応援して寝るときはいつも声聞いてたし何百万とお金消費したと思う
自由に恋したらいいと思うよ
今日から他人だけどね(引用:otanew.jp

そして、ぼくはこの書き込みを見て、こう思いました。

あんたらは最早、ファンではなくモンスタークレーマーだな…と。

人気声優の熱愛に炎上するファンが「モンスタークレーマー」である所以

人気声優の熱愛に炎上するファンがモンスタークレーマーである所以は、主に「~してやっている」というお客様精神を勝手に振りかざしているところにあります。

モンスタークレーマーとは

では、ここでまず、モンスタークレーマーについての定義を見てみましょう。

モンスタークレーマーとは、企業に対して理不尽な要求をする消費者のこと。社会問題の一つ。

この名称自体は「モンスターペアレント」から派生している。彼らの思考の背景に「我こそは正義」という思い込みがある。「顧客至上主義」や「お客様は神様です」というフレーズを生きがいにしている。「クレーマー」の語源である英語の「claim」の原義は、単に「要求」やその要求の正当性や権利を主張することである。(引用:はてなキーワード

要約すると、「お金を出している自分は特別扱いされて当然なんだと思い込んでる人」のこと。

そして、その心が度を過ぎているため、モンスターと呼ばれています。

人気声優の熱愛に炎上するファンは「これまで応援してきてやったのに裏切ったな」と思い込んでいる

人気声優の熱愛に炎上するファンは、ファン歴が長い人なのかもしれません。声優がデビューしたての頃から応援し、ライブやトークイベントにも毎回足を運んだのかもしれない。

一人ラジオの初期からファンで、何があっても応援して寝るときはいつも声聞いてたし何百万とお金消費したと思う
自由に恋したらいいと思うよ
今日から他人だけどね(引用:otanew.jp

でも、だからといって、応援歴の長いファンが声優の人生を拘束できるわけではありません

あんたらがどれだけお金と時間をつぎ込んできたのかは知らんけど、それを声優に押し付けるのは良くない。

「応援してきてやった俺を裏切ったな」と思うのは、勘違いもいいとこです。

人気声優の熱愛でネットを炎上させても、あんたらがその声優と付き合えるわけではない

これは炎上させる声優ファンだけじゃなく、熱狂的なアイドルファンにも当てはまることなのですが、いくらネットで熱愛ニュースを炎上させたところで、その恋愛が破局することはありえないんです。

仮に破局したとしても、あんたらと声優が付き合えるわけじゃない。人の足を引っ張っても、自分のもとに手繰り寄せることは不可能なんです。

人気声優の熱愛を機に売り上げが落ちたとしても、それは一時的なものでしかない

応援してきた声優の熱愛報道がきっかけで、ファンを辞める人が出てくることもあるかと思います。

CDを買うのをやめ、ライブやイベントにも足を運ばないようにする。熱愛が発覚した声優にお金を使うのをやめ、これまでの人気を落とそうとする。

これらの行為がショックからくるものなのか、それとも意図的にやってることなのか分からないけど、少なからず「自分が応援するのを辞めることで声優の人気を落としてやろう」という魂胆があるのではないでしょうか。

お前が結婚したのが悪いんだ。だから俺はファンをやめる。そして、売り上げが落ちたのを後悔するがいい。」的な。そんな発想が。

でも、そういったファンが一定数出たとしても、売り上げが一時的に落ちたとしても、そんなのすぐに回復します。

なぜなら、人気声優は魅力があるからこそ人気になったわけで。演技力や声質、人柄など何かしらの要素が受け入れられているからこそ、ファンが多いわけですよね。

だから、熱愛を機にファンが減ったとしても、新たにファンが増えるか、それまでのファンが更に応援するだけなんですよ。

所詮、あんたらがファンをやめたところで、大したダメージは与えられないんです。モンスタークレーマーでしかないのだから。

うしらく的まとめ

ぼくは、誰かを熱狂的に応援したことがありません。

なので、アニメは好きだけど、特定の声優のファンではない。今のところは。

もしかしたら、今後誰かを熱狂的に応援して、ファンになるかもしれない。その末路として、モンスタークレーマーになるのかもしれない。こればかりは分からないことです。

でも、いくら他人の足を引っ張った所で、その人が自分のもとに降りてきてくれるわけではない…ということは心に刻んでいます。