「母の日は親孝行しろ」って偽善的モラルを押し付けるな!うんざりするわ!

こんにちは! うしらく(@ushiraku)です!

わたしは、母の日が嫌いです。大っ嫌い!

いや、この日自体が嫌いなわけではなく「親孝行しなさい」っていう考え方を押し付けられるのが我慢ならなくて。

だって、考えてもみてくださいよ。誰もが親と良好な関係性を保ててるわけではないでしょ?

日本全国の家庭が「サザエさん」みたいな円満な関係性じゃないんだから。

少なくとも、わたしの家庭はかなり荒んでいたので…。

わたしは母が大嫌い

まず、わたしが母を嫌っている理由について、お話ししましょう。

2012年の秋頃に、わたしは実家を出て1人で暮らすことになりました。

きっかけは、母から債務の問題に巻き込まれたから。簡潔にまとめると、母がわたし名義で借金をしたんですね。

母はもともと債務癖があって、過去にもお金の問題を起こしたことがあります。結果として、母は自己破産しました。

で、もう同じ過ちを犯すことはないだろうと思っていたのですが、ここにきてわたし名義での借金。これ以上一緒に生活するのはもう無理だと思い、わたしは家を出ることにしました。

わたし名義での借金問題は弁護士にお任せしているのですが、今でもまだ解決していません。

職場で「母の日は何するの?」と聞かれるのがウザい

わたしは書店で働いています。この時期になると店内では「母の日フェア」があるんですよね。

具体的にいうと、母の日に向けたワークショップで「何かを作ってお母さんにプレゼントしよう」っていう感じのフェアです。

わたしはスタッフなのでフェア用のスペースを設営する役割なのですが、ここにきて他のスタッフ(主におばちゃん)から言われるセリフがあります。

うしらく君は、母の日は何するの?

はい出た、ウザいセリフ。あたかも母の日に何かしないといけない前提のセリフが。

わたしはこの時「いやー、うちは家庭の仲が良くなくて…」とごまかすんですけど、これって精神的にかなりきついんですよね。嘘をつかないといけないのがきつい。

この手のやりとり、本当になくなってほしいなぁ。

円満ではない家庭のことも考えろ!

わたしの場合は、母との債務問題がきっかけで不仲になったわけですが、他にも家庭面で複雑な問題を抱えている人って多いと思うんですよね。

それは例えば家庭内暴力だったり毒親からの依存だったり。もしくは親が亡くなっているパターンもありますよね。

そういった背景について考えずに「母の日は親孝行すべき論」を押し付けるのは止めてほしいです。

円満ではない家庭もあるかもしれないということも、頭の片隅に置いててくれたらなと思います。

うしらくの一言

今回は母の日について書きましたが、これは他の日にも当てはまることです。こどもの日や父の日なんかがそうですね。

あとは盆や正月も、帰省して当たり前的な会話にうんざりします。「うしらく君、盆や正月は帰省するの?」という会話のことです。

込み入った事情により帰省できる家がない人もいるので…。

あなたの不安をサクッと解決するLINE@

母の不倫がきっかけで家庭崩壊 → 過労により躁うつ病になる → その躁うつ病のせいで恋人にふられ、自殺未遂。つらい人生をのりこえてきたぼくだからこそ、今しんどいあなたに伝えたいことがある。ズバッと本音で答える「お悩み相談」もやってるよ!