お盆厨乙。先祖に1ミリも感謝してないので、ぼくは墓参りにはいかない

うしらく(@ushiraku)です。どもー!

今年もまた、憂鬱な季節がやってきた。

それが、お盆だ。

この時期になると必ず聞かれる質問に、ぼくは毎年うんざりしている。

おばこ
うしらく君は、お盆は帰省するの?

はぁー。

「お盆=帰省、墓参り」という常識を、ぼくに振りかざさんでくれ。

しんどいの。

そもそも、なぜお盆に帰省や墓参りをしないといけないの?

さて、世の大多数の人はお盆に帰省し、墓参りをしてると思う。

でも、その中で「なぜお盆には墓参りをしないといけないのか?」を、ちゃんと答えられる人はどのくらいいるんだろう?

  1. 昔からの習慣だから
  2. 先祖は敬うものだから
  3. 供養しないとバチがあたるから

こういう風に「なんとな~く」墓参りをしている人も、少なからずいるはず。

だって、昔のぼくがそうだったので。

ここ5年間墓参りしてないけど、ぼくは普通に生きてる

ぼくは家族と縁を切って以降、5年近く墓参りに行ってない。

もちろん、親族にも誰にも会っていない。

そんな罰当たりなぼくだけど、それでも普通に生きてる。

墓参りをしてないからといって、何かとんでもない不幸に襲われたこともないし

なので、別にお盆に墓参りしなくても、何もデメリットはないと思うの。

先祖を供養しなかったら何か「祟り」でもあるの?

お盆というと、先祖の霊を供養するという意味合いがあるようだ。

日本のお盆は、仏教の盂蘭盆会に神道の祖先崇拝や豊作に感謝するなどの農耕儀礼など古くからの様々な風習が合わさって形作られたと考えられています。

引用:エンディングパーク

まぁ何というか、先祖に感謝して、今自分たちが生きてることにも喜びを見出だす的な感じなんだろう。多分。

でもでも、世の中の全ての人が先祖に感謝してるわけじゃないというか。

むしろ、先祖が嫌いな人もいると思うんよね。ぼくみたいに。

ぼくは祖父が大嫌いだった

うしらく家の祖父は、父方も母方も両方とも死んでいる。

で、ぼくはこの二人の祖父がとてつもなく嫌いだった。

母方の祖父はすぐにキレる人で、気性の荒い性格だった。

父方の祖父はアルコール依存症で、昼間からずっと酒を飲んでいた。

ぶっちゃけ、この二人の祖父を見て「こんな大人にはなりたくないな」と、子どもながらに思ったものだ

だから、祖父たちが死んだ時も葬式の時も悲しくなかったし、むしろ嬉しかった。

ここまで人を嫌いになれるものかと、我ながら関心したのを覚えている。

なので、ぼくは祖父を含めた先祖に、1ミリも感謝していないから墓参りには行かない

坊さんのお経に「ありがたみ」を一切感じないんだけど?

最後にひとつ。

ぼくは坊さんのお経に、一切の「ありがたみ」を感じない

  • ブツブツ何か唱えるだけで、先祖は喜ぶのだろうか?
  • そんな安っぽい念仏で、先祖の霊は安らぐのだろうか?

ぼくは子どもの頃から、ずっとそんなことを思っていた。

お経を聞くために「何千円」ものお金を払うことにも、違和感しかない

また、大人になってからは、坊さんに渡す「お布施」なるものにも疑問をもつようになった。

お盆のお布施としては、決まった金額があるものではなく、お布施はお気持ちで」と言われることも少なくありません。

一方で、お布施をいくらぐらい包めばよいのか悩む方もいます。

あくまで目安ですが、普段のお盆の場合は、一般的に5,000円~20,000円程度をお渡しする方が多いようです。

引用:エンディングパーク

なぜ、お経を聞くだけで何千円~何万円も払わないといけないんだろう。

本当にそんなにお金を払うだけの、価値があるんだろうか?

お経のCDとかじゃダメなんだろうか?

坊さんが唱えてもCDでも、中身は同じ「お経」なのにね。

この「お布施システム」に違和感を持つ人は、どのくらいいるんだろう?

みんな、何となくの「風習」や「習慣」でお金を払ってるんじゃないかな

うしらく的まとめ

まぁ、そんなわけでぼくは、今年のお盆も墓参りにはいかないよ。

  1. 先祖に1ミリも感謝していない
  2. 先祖を供養しなくても罰は当たらない
  3. お経に金銭的な価値を感じない

ぼくみたいな腐った考え方を持つ人は、どれくらいいるのか気になるな(笑)。

あなたの不安をサクッと解決するLINE@

母の不倫がきっかけで家庭崩壊 → 過労により躁うつ病になる → その躁うつ病のせいで恋人にふられ、自殺未遂。つらい人生をのりこえてきたぼくだからこそ、今しんどいあなたに伝えたいことがある。ズバッと本音で答える「お悩み相談」もやってるよ!