完璧人間なんていないのに、ぼくは完璧主義を捨てられない

うしらく(@ushiraku)です。どもー。

ぼくは昔から、完璧主義な性格だ。

何事も、完璧に出来ないと気がすまない。

うしらく
まぁ、完璧にできた試しなんて無いけどなw

これは恋愛においても同じで、ぼくはパートナーにとって「全てにおいて1番」じゃないと嫌なのだ。

元カレとか全て焼き尽くして、ぼくがパートナーの1番じゃなきゃダメ。

2番以下になるのは、ぼくの中ではあり得ない。

こういう思考がとてもめんどくさくて、ぼくは自分で自分が嫌になる。

今回は、そんな自己嫌悪についてのお話

うしらくの「超めんどくさい」ネガティブ思考3つ

昨日と今日とで、ぼくの頭の中はとてつもなく「どんより」している。

マジで、なんで自分がこんなにネガティブでめんどくさいのか。

うしらく
つくづく嫌になるよ。

でも、自分の外に吐き出すことで楽になるし、後で見返した時に「この時こんな悩みがあったな」と思えるようにしたいから、書くことにした。

1.経済力がないぼくは、男として終わってる

今の時代では男女平等に働くのが普通にはなってるけど、それでもやはり男にとって「経済力」は必須だ。

パートナーと同棲なり結婚なりをすると、生活をするだけで「毎月一定のお金」がかかる

共働きで稼げばいいけど、どちらかがダウンした時のために、貯金しておいた方がいい。

稼げない男はかっこ悪い

これはぼくの勝手な思想なのだけど、稼げない男はかっこ悪い

  • 車も持ってないし
  • 免許証は破棄したし
  • 家だって狭い

残念ながら、ぼくは「稼げない男」だ。

だから、31歳にもなって自分が稼げてないのが、なんとも情けなくなってくる

うしらく
こんなんで、ぼくという男は大丈夫なのだろうか?

ブログもそれ以外でも収益は出てきてるけど、生活を安定させるには程遠い

最近、ブログ経由で毎月収益が発生するようになっている。

これは単純に嬉しい。

ブログを開設した2年前にはなかったことだから。

でも、それでも「生活の足し」にするのは、まだまだほど遠い

ブログは自分が楽しいから続けているのだけど、それでも、ふと思うことがある。

自分は、この道で合ってるのか?
うしらく
やっぱり、ブログでも稼げるようになりたいよ。

2.セックスが下手な男は「オス」として劣っている

ぼくは、セックスが下手だ。

  • 体力もないし
  • イカせられないし
  • 激しいセックスができない

だから、たまにセックスに対して、ものすごくプレッシャーを感じてしまうんだ。

過去の男と比べてしまい、勝手に凹む

パートナーが過去に付き合った男は、おそらく

  • 激しいセックスができて
  • 手でイカせられて
  • 物足りなさを感じさせなかった

のだろうと思う。

これは、ぼくが勝手に想像しているだけなので、ホントのところはどうなのか分からない。

でも、もしホントのことだとしたら、ぼくはもう立ち直れそうにない。

パートナーに「物足りなさ」を感じさせてしまう自分が許せない

パートナーを満足させられない彼氏なんて、オスとして劣ってるじゃん。

こんな自分なんて、いつか飽きられてしまうんじゃないか。

うしらく
見捨てられるのが、とても怖いです。

3.「同じこと」で何度も悩む自分が嫌になる

ぼくは、ここまで書いた不安は、その都度パートナーに伝えている。

だけど、何度も同じような不安で悩んでいる自分が、とてつもなく嫌になってしまう

  • なぜ、自分はこうも不安になってしまうのか?
  • なぜ、自分は同じとこをグルグル回ってるのか?

こういった不安から解放される日が、この先くるのだろうか。

うしらく
そういうことを考え出すとまた、不安で不安で仕方ないよ。

結局ぼくは、自分のことしか考えてないクソ野郎だ

こうやって自分の不安を書き出すと、ぼくは「自分のこと」だけしか考えてないんだなと思った。

完璧人間になりたいのは、人から嫌われたくないから。

恋愛において「~ねばならない」思考にとらわれてるのは、自分に自信がないから。

パートナーとは向き合っているつもりだったけど、まだまだ心を許せてないんだろうか。

うしらく
ぼくはやっぱり、大切な人から見捨てられるのが、とてつもなく怖いんだ。

あなたの不安をサクッと解決するLINE@

母の不倫がきっかけで家庭崩壊 → 過労により躁うつ病になる → その躁うつ病のせいで恋人にふられ、自殺未遂。つらい人生をのりこえてきたぼくだからこそ、今しんどいあなたに伝えたいことがある。ズバッと本音で答える「お悩み相談」もやってるよ!