SNSで人生を変えたい人は、電灯に群がる蛾のように気持ち悪い生き物だ

うしらくです、どーも!

さて、今の時代、どこもかしこも「好きなことして人生変えよう!」とか「SNSで人生変えよう!」的なふれ込みを目にすることが多くなってきた。

ネット上のブログやサイトを見ても、Twitter界を見ても、本屋さんの書棚を見ても。

どこもかしこも、『人生変えよう!』って訴えかけてくるんだ

いやいや、すこし待てと。

なぜ、人生を変えないといけんのや?と。

てか、人生を変えたらどうなるの?と。

そんなに、大衆の人生を変えたいの?と。

ぼくは、疑問が多すぎて仕方がない。

今の世の中、そんなに「人生を変えたい人」が多いのかね?

人生を変えたいということはつまり、今の毎日がつまらなくて不幸だってことなのかな?

  • 家族がいて
  • おいしいご飯が食べれて
  • 健康でいられて

ぼくも含めて、多数の人が「衣食住」に困ってないし、毎日戦争とかに巻き込まれずに生きてるはず。

そんな「平和な毎日」があるのに、それでもわざわざ『人生を変える』必要があるのだろうか?

結局、世間のそういった「人生変えようぜコンテンツ」は売り物なのだ

Twitterでブイブイ目立ってる人も、書籍を何冊も出版してる人も、YouTubeで話題の人も。

最終的には、自分が販売してるコンテンツを買ってもらいたいわけで。

で、そのために毎日「人生を変えようぜ演説」をしているに過ぎない。

そして、大多数の人の人生は、そう簡単に変わらない。

変わらない自分の人生に嘆き、以前よりも人間的に腐っていく。

ご愁傷さまです

他人の言う通りにしても、どうせ人生は変わらない。

なので、自分の人生を変えるには、『自分で選んだ道』を進むしかない。

なので、他人の言葉にのせられて、安易な道に進まないようにしてほしい。

人生はそんな簡単に、変わらないのだから

The following two tabs change content below.
うしらく
双極性障害のカミングアウトで失敗し、自殺未遂した経験あり。事の顛末をブログに書いたら大きな反響を呼び、テレビ出演しました。現在は障害をオープンで働きながら、ストレスフリーな毎日を生きています。 詳しいプロフィールはこちら

「精神障害とうまく付き合うコツ」を配信中。あなたが今抱えている『精神障害への悩み』がスーッとらくになります。療養の方法から社会復帰まで、役立つ情報をお届け!