ストレスマネジメントとは? 個人でできる具体的な方法を紹介【PR】

「ストレスが溜まっている」

「ストレスをうまく管理できる方法は?」

などお悩みの方もいるのでは?

毎日の生活や仕事において、ストレスはつきものであり、うまく付き合っていく必要があります

ストレスとうまく対応できない日もあるかと思います。

実際にストレスによって、心身の健康状況の悪化を起こしてしまう人もいるのが現状です。

この記事では、

  1. ストレスマネジメントとは?
  2. ストレスマネジメントの3つの例とは?

この2つを紹介します。

ストレスマネジメントとは?

ストレスマネジメントとは、ストレスとどう付き合っていくべきかを考え、適切な対処法を行うことを指します。

つまり、ストレスから自分を守るために、ストレスを自己管理することです。

また、ストレスを感じていると仕事への意欲低下や思考能力が低下し、職場や同僚にも悪影響を起こしてしまうため、仕事を効率的に行うために役立つ重要なスキルだと言われています。

ストレスマネジメントを実行するためには、まず「なぜ、何に対してストレスを感じるか」を見出し、それらを回避または遠ざけることが必要です。

ストレスマネジメントの3つの例とは?

1.自分のストレスについて理解する

ストレスとは、何らかの外部からの刺激により心身に負担が生じるものを指します。

ストレスには「ストレッサー(刺激)」、「自己による評価や解釈などの認知」、「ストレス反応(対応が困難な状況に直面した時に起こる心身への影響)」の3つの構成要素があると言われています。

まず、自分はどのようなストレス反応が生じやすいかなどの自己パターンを把握し、その対応策を考えることが大切です。

自己パターンを把握するために、「何に対してストレスを感じ、どのような反応があり、どう対応したか」などを書きだすストレス日記を作成することも有益のようです。

2.ストレスは自己調整できることを理解する

ストレスマネジメントを実践する上で、最も重要なことは「ストレスは自己調整できる」ということを日々意識することです。

3.ストレスマネジメントの4Aを実践する

4Aとは、「Avoid(避ける)」、「Alter(変える)」、「Adapt(適応する)」、「Accept(受け入れる)」を指します。

1.「Avoid(避ける)」

「Avoid(避ける)」は、必要のないストレスから避けることを意味し、ストレスを与える人を避けることや無理なことは断ることなどが例としてあげられます。

2.「Alter(変える)」

「Alter(変える)」は、ストレスの多い状況を変えることであり、具体的にはコミュニケーションや仕事のやり方を変えることを示します。

3.「Adapt(適応する)」

「Adapt(適応する)」は、ストレッサーに適応することを指し、ストレッサーを変えることができない場合は自分の対応や考えを変えることによってストレスに適応することです。

4.「Accept(受け入れる)」

「Accept(受け入れる)」は、自分で変えることができないものを受け入れることです。

まとめ

いかがでしたか?

ストレスマネジメントについて紹介しました。

もっと学びたい方は、ストレスマネジメントの本などはネットショップで販売されているので一度読んでみるのもおすすめです。

(記事執筆・提供|ゲストライター)


電子書籍を出版!


不安からメンタルを守るための「3つの思考法」が新刊で発行!

この電子書籍では

●情報に振り回されないコツ
●強迫観念との向き合い方
●他者依存しない考え方

について、まとめました。

あなたが不安から解放され、自由に生きられるようになる内容です。

合計1万7千文字以上のボリュームで、徹底解説!
さらに今だけ、3つの特典動画もプレゼント中!

Kindleで、無料でお読みいただけます!


ABOUTこの記事をかいた人

うしらく

「うつ予防」の悩み相談屋。25歳で躁うつを発症し、自殺未遂→日本のうつ・自殺問題について海外テレビから取材→リハビリ生活を経て社会復帰→年間100件以上の人生相談にのりながら、「うつにならない社会」を作るために情報発信をしています。