スマホを書斎にして待ち時間を受け入れてみた!

こんにちは! うしらく(@ushiraku)です!

病院や交通機関の待ち時間ってイライラしませんか?

わたしは待たされたくない派なので、わりとイライラします(笑)

でも、ブログを始めてからは待ち時間を受け入れることにしました。

それは何故か。待ち時間を執筆する時間に変えたから。

スマホ1台あれば、どこにいても快適な書斎になりますからね。わたしは、待ち時間のストレスを逆手にとることにしました。

スマホが書斎になる

わたしがスマホを書斎として活用するとき、何をやっているのかについてご紹介しまっす。

「するぷろ」アプリで執筆

わたしはブログ記事を書くとき、スマホを使っています。この記事もiPhoneから「するぷろ」というアプリを使って書いてますよー!

「するぷろ」のいいところは、TwitterやFacebookに文章を書くスタンスでいられるところです。


▲「するぷろ」で書いてる画面

スマホのフリック入力で執筆するのは楽しいですよ。

好きな音楽を聴きながら書く

外出先でブログを書く場合、気になるのは周りの騒音。わたしは話し声とかがストレスになるので、イヤホンをして音楽を聴きながら執筆しています。

Apple Musicだと好きな音楽が聴き放題なので最高ですね。

わたしが聴くのは主にアニソン。最近は、おそ松さんの楽曲をヘビロテしてます(笑)。

疲れたときはKindleでマンガを読む

ずっと記事を書いてると疲れるので、そんなときは気分転換も兼ねてマンガを読みます。

紙の本ではなく、Kindle(電子書籍)版を読んでますよー。


▲わたしのKindle本棚

うーん、こうやって客観的に本棚を見渡してみるとえっちなマンガが多いですね。まぁ、色んな意味での息抜きということで(笑)。

いつでもどこでも調べられる

あとはスマホ書斎のメリットとしては、いつでもどこでも調べものが出来ること。

記事を書いていて分からないことがあったら、即座に調べられますからね。これは、めっちゃ便利です!

うしらくの一言

わたしは今まで、待ち時間のことを無駄な時間だと思っていました。でも、そうじゃないんですよね。

使いようによっては、待ち時間も「楽しい時間」に変えることが出来る。

時間をどう使うかを選べるのは自分だ」という考え方を受け入れられれば、どんな時間でも楽しめますね。

あなたの不安をサクッと解決するLINE@

母の不倫がきっかけで家庭崩壊 → 過労により躁うつ病になる → その躁うつ病のせいで恋人にふられ、自殺未遂。つらい人生をのりこえてきたぼくだからこそ、今しんどいあなたに伝えたいことがある。ズバッと本音で答える「お悩み相談」もやってるよ!