待って!TECH::CAMP(テックキャンプ)を受講する前にぼくの失敗談を聞いてくれ【評判】


ども。TECH::CAMP(テックキャンプ)卒業生のうしらく(@ushiraku)です!

ネットやスマホのテクノロジーが進み、身の回りの生活が自動化されてる昨今。プログラミングを学びたいと考えてる人が増えてきてるのではないでしょうか?

最近ではTECH::CAMP(テックキャンプ)を始めとしたプログラミング学習サービスが、数多く出回ってます。ていうか、ありすぎて把握できてないというw

今回の記事では、プログラミングど素人のぼくが会社を辞めてTECH::CAMPを1ヶ月間学んでみた感想(主に失敗談)を書いていきます。

これからTECH::CAMPを受講しようと考えてるあなたにとって、参考になれば嬉しいです!

TECH::CAMP(テックキャンプ)とは

TECH::CAMP(テックキャンプ)とは、短期間でプログラミングスキルを身につけたい人向けのプログラミング学習サービスのこと。かなりハードなメニューかつスケジュールなので、プログラミング界のライザップと位置づけてます(ぼくの中で)。

オフィスもしくはスカイプで受講ができるため、分からないとこは即質問できるのも特徴。自分一人で悩まずにプログラミング学習を進めることが出来ます

※2016年12月21日現在、東京の渋谷校と早稲田校、大阪の梅田校、福岡の天神校が開校中。

TECH::CAMP(テックキャンプ)の料金体系

ぼくが受講したのはTECH::CAMP1ヶ月コース(社会人)。

気になる受講料は、約15万円!うひょー、最初お金を振り込むときに手が震えました。でも、毎月の分割払いも可能なので、一括で払えなくても大丈夫ですよ。

15万円の内訳としては、

  • 受講料128,000円(税込み:138,400円)
  • レンタルMac:6000円
  • 分割の手数料5%

大まかに分けるとこんな感じです。

TECH::CAMPでの受講はMacが推奨されてます。が、ぼくはwindowsしか持ってなかったので、レンタルMac(1ヶ月間:6000円)を使用しました

TECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラム

ぼくが受講した1ヶ月コースのカリキュラム内訳は下記の通り。

  • HTML5 & CSS3
  • Ruby & Ruby on Rails
  • ソースコード管理 Git
  • SQL

基本、これらの4つがTECH::CAMPで学ぶ最低ライン。これを1ヶ月間でマスターします。

ぼくは1ヶ月間ギリギリかかったけど、早い人は受講開始から1週間以内に終わらせてましたね。バケモノ…。

TECH::CAMP(テックキャンプ)カリキュラムの面白いところ

TECH::CAMPのカリキュラムは、ブラウザ上で開きます。各メンバーに配られたパスワードでログインして受講するスタイル。

で、ぼくが面白いなと思ったのは、同じクラス内の同期たちとランキング付で勝負できるところ。ブラウザ上でカリキュラムを開くので、進捗状況がTECH::CAMPのサーバーに上がるんですね。

なので、メンバーそれぞれの進捗データが数字で表されるんです。これ、ゲーム感覚で進められるので面白いっすよ!

【重要】TECH::CAMP(テックキャンプ)のカリキュラムは全てオンラインなので、Wi-Fi環境が必須!

ここでひとつ大事なことを書き忘れてたことに気づきました。

TECH::CAMPを受講する上で、Wi-Fi環境は必須です。特に、自宅でオンライン受講される方は。

というのも、TECH::CAMPのカリキュラムは全てオンライン(ブラウザ:Google Chrome)でやるからなんです。テキストは勿論のこと、動画で解説されてる箇所は、Wi-Fi環境が整ってないと、カクカク止まります。実体験ありです。

また、後述するSkypeでのオンライン受講の場合、Skypeの「画面共有」という設定を使いながらメンターとやりとりするため、ここでもまたWi-Fi環境が整ってないと、Skypeが途切れまくってしまいます。途中で回線が切れたりとかありますからね。

なので、TECH::CAMPの受講を検討されてる方は、まず自宅がWi-Fi環境が整ってるかどうかを確認してください

TECH::CAMP(テックキャンプ)の受講スタイル(オフィス、スカイプ)

TECH::CAMPの受講スタイルは、オフィスとスカイプの両方が使えます(オンラインコースで申し込んだ人はスカイプのみ)。

なので、会社帰りや休日にオフィスに行って受講するか、自宅でスカイプで受講するかを選べるんです。その日の自分のスケジュールで決められるので、受講の計画を立てやすい。

オフィスは予約なしで入場可ですが、受講する校によってオープンしてる時間が違うので、予め調べておく必要があります

ぼくは週末だけオフィス、平日は自宅でスカイプを使って受講しました。

オフィス受講のメリット、デメリット

さて、ここではオフィス受講のメリット、デメリットを挙げていきます。

オフィス受講のメリット

  • メンターと対面でやりとりできるので、分からないところを具体的に質問しやすい。
  • 説明を聞いて分かりにくいとこは、メンターが紙に書いて教えてくれる。

まとめると、マンツーマンで教えてもらえるのが、オフィス受講のメリットです。

オフィス受講のデメリット

  • 生徒数が多い時間帯は、メンターをつかまえにくい
  • 日によってメンターが変わることがあるので、苦手な人にあたったときはテンション下がる

外部からきたメンターとは、コミュニケーションしにくかったですね。ぼくが人見知りだからかもしれんけど。

スカイプ受講のメリット、デメリット

お次は、スカイプ受講のメリットとデメリットについてです。

スカイプ受講でのメリット

  • 自宅で落ち着いて勉強できる
  • スカイプだとメンターにすぐ繋がる

スカイプ受講の場合、メンターにすぐ繋がるので効率重視でカリキュラムを進めたい人はこちらがオススメです。

スカイプ受講のデメリット

  • スカイプでは口頭でのやりとりなので、意思疎通が難しい
  • たまに教え方が雑なメンターがいてイラつく

スカイプでの受講は、電話が苦手な人にとってはかなりきついかもしれません。口頭でのやりとりって、意外と難しいんですよね。

※スカイプは、全てTECH::CAMP渋谷校に繋がります。なので、普段オフィスでやりとりしてるメンターとは繋がりません(ぼくは福岡校在籍でした)。

TECH::CAMP(テックキャンプ)は、社会人の転職サポートに弱い

ぼくがTECH::CAMPで感じたのは、社会人の転職サポートに弱いなというところ。実際、進路相談も申込んだんですが、結局流れてしまいましたね…。

基本、TECH::CAMPを受講してる人は学生が多いです。もしくは、社会人でも会社で働いてる人。会社を辞めて受講してる人は、ごく少数です。

なので、ゼロからの転職サポートはあてにしないでください。もし転職したい人は、TECH::CAMP受講中に自分でWEBアプリやサービスを作りましょう。ポートレートがないと、お話しになりません(実体験)。

まとめ.何のためにTECH::CAMP(テックキャンプ)を受講するのか、ちゃんと考えておくこと

TECH::CAMPはプログラミングを学ぶにおいて、とても素晴らしいです。カリキュラムも常にアップデートされてるし、メンターも気さくな人ばかり。

ただ、いくらTECH::CAMPが素晴らしくても、受講するあなたが「なぜプログラミングを学ぶのか」を分かってないと、卒業して終わりになってしまいます。ぼくがそうなので。

  • 今働いてる会社でプログラミングを活かしたい?
  • 自分でWEBサービスやアプリを開発したい?
  • なんとなく時代の流れ的に学んどきたい?

どれが正解とかはないけれど、TECH::CAMPを受講する前に一度じっくりと考えてみてください。

で、その上で「プログラミングを学んでみたい」と思うのであれば、体験会に行ってみて色々と質問してみるのがベストです。

くれぐれも、ぼくみたいに会社辞めて、いきなりTECH::CAMPを受講しないように!

>>TECH::CAMP(テックキャンプ)の体験会レポートはこちらから