うしらく ってサイコパス!? ぼくの異常な3つの価値観

うしらく(@ushiraku)です。ども!

今日彼女と話してたら、ぼくはどうやら「世間一般の人たち」と価値観がかなりズレてるなーと思いました。

まぁ、実感はあったんですけどね(笑)。

なんというかこう、ぼくの性格は

  • 頑固で
  • 白黒ハッキリつけなきゃダメで
  • 空気読まずに言いたいこと言う

という感じなんです。

なので、人と衝突することが多々あります。

が、これを曲げてしまうと、もうぼくが「ぼくとして生きてる意味」がなくなっちゃうんですよね。

まぁ、自分自身の思考を整理するがてら、うしらくの価値観を3つに分けて書いていきます。

1.謝罪する時は直接「会って」ちゃんと謝る

はい、まず1つめ。

謝罪するときは直接会って、目の前でちゃんと謝ること。
うしらく
この考え方、やっぱり古いですかね?

LINEのメッセや電話越しの謝罪は、どうしても軽すぎて嫌だ!

今の時代、スマホが普及して、いつでも誰とでも連絡をとることが可能です。

だから、何か謝る時はLINEでも事足ります。

でも!

でもね!

自分の誠意を見せてちゃんと謝るには、スマホ越しだと、どうしても軽いのよ!

うしらく
確かに、目的である「謝罪」は果たしてるんだけどね。

でもこう、何か謝られた気がしないんだよなぁ。

うしらく
これって、ぼくだけが感じてることなのだろうか?

直接会って謝ることで、お互い腹を割って話せる

謝るためにわざわざ相手に会いに行くのは、たしかに面倒。

うしらく
遠ければ時間もかかるしね。

でも、だからこそ相手と向き合って

なぜ、今回のようなトラブルを起こしてしまったのか?

といった一連の経緯を、話し合うべきなんですよ。

お互い納得のいくまで話し合うことができたら、次からは同じ間違いを犯す可能性は減るし。

何より、謝られる側も

わざわざ謝るために、会いに来てくれたのか。ありがとう。

となる。

これって、LINEや電話では成り立たないことです。

いくら文明が発達して便利になったとはいえ、やはり人間は直接会って話し合うのが一番

うしらく
ぼくはそう思うんだけど、あなたはどう思いますか?

2.ドタキャンは絶対にしない

ぼくは過去にドタキャンをやらかして、大失敗した経験があります。

とても苦い思い出でした。

でも、その時の教訓から、

もうドタキャンは絶対にしない!!

と固く誓って生きてきて、以降は一度もドタキャンをしたことがありません。

ドタキャンは相手の時間を「奪ってしまう」もの

相手が一人にせよ複数人にせよ、会う約束を取り付けている以上は、お互いに「予定」を調整するわけです。

簡単にいうと、相手の時間の一部を「借りている」状態。

でも、ドタキャンして相手との約束を破った場合は、その人の予定を狂わせることになってしまう。

それはもう、相手の時間を「奪う」のと同じ行為なんですよね

うしらく
勿論、その逆も同じですが。

ぼくはドタキャンしないために、前日の夜8時までに連絡をする

とはいえ、突然の体調不良は誰にでも起こりうる話。

ぼくは大体、自分の体調が悪くなって回復するまでの日数を、把握しています。

なので、

うしらく
あー、明日(約束の日)までに回復しそうにないな……。

と感じたら、前日の20時頃までに、相手に一報を入れるようにしています。

うしらく
ごめん、先日から体調不良が続いてて。明日までに治りそうにないから、今回はキャンセルさせてもらってもいいかな?今度、絶対に埋め合わせるので!本当にごめんね!

大げさに聞こえるかもしれないけれど、ぼくはこんな感じで断りの連絡を入れてます。

もしかしたら、この言い方でも失礼にあたるのかもしれない。

それでも、当日ドタキャンするよりは、遥かにマシかなと思ってます。

うしらく
あなたは、どうでしょうか?

3.人と一緒に居る時は、スマホを扱わない

まぁー、今の時代スマホを扱わない人って居ないですよね。

どこを見渡しても、みんな「ながらスマホ」をするのが普通になってますから。

  • 歩きながらスマホを扱う
  • 食事しながらスマホを扱う
  • 目の前の人と話しながら、別の誰かとLINEする

ぶっちゃけ、みんな「器用」だなーと思います。

うしらく
ぼくには、そんな芸当できないよ(笑)。

目の前に居る人よりも「SNSのお友だち」のほうが大切なのか?

結局、SNSで魅せている自分は、大半の人が「きれいな自分」でしかなくて。

表面上の着飾った人間同士が「いいね」し合って、それが永遠と続くだけっていう。

ぶっちゃけ、カスみたいな繋がりです。

なのでぼくは、SNSのお友だちとの交流は、優先順位として最底辺に位置づけています

目の前にいる人の表情を、一瞬一秒でも長く見たい

ぼくは、重い男です。ヤンデレの素質があります。

だから、目の前にいる大切な人の表情を、一瞬一秒でも長く見たい

そのためには、スマホの画面を眺めている時間がムダでしかない。

こういう考え方も、やっぱり重いのかなー?

うしらく
あなたは人と会ってるとき、スマホとの距離感をどうしてますか?

うしらく的まとめ

こうやって振り返ってみると、ぼくは生まれる時代を間違えたんじゃないかなーと思います。

昭和の時代を、固定電話の時代を生きてたほうが、楽だったのかもしれない(笑)。

ぼくは「少しくらい不便」がある生活の方が、気楽ですね

最近はスマホが邪魔なので、外出時には持ち歩いてません。

完全に、固定電話と化しています。

はぁー、ぼくと同じような価値観の人が、今の時代にはいるのだろうか。

うしらく
ま、居なくても別にいいけどね。
The following two tabs change content below.
うしらく
双極性障害のカミングアウトで失敗し、自殺未遂した経験あり。事の顛末をブログに書いたら大きな反響を呼び、テレビ出演しました。現在は障害をオープンで働きながら、ストレスフリーな毎日を生きています。 詳しいプロフィールはこちら

精神障害を克服するためのLINE@

「精神障害を克服するコツ」を配信中。あなたが今抱えている『精神障害への悩み』が紙一枚分軽くなります。病気療養から社会復帰まで、役立つ情報をお届け!