あなたにとって仕事ができる人の「基準」って何ですか?

こんにちは! うしらく(@ushiraku)です!

先日、職場で同僚たちが雑談していた内容が、わたしの中でずっと引っかかっています。

それは、「〜さんは仕事ができるよね!」と言っていたところ。わりと一般的な会話内容かもしれませんが、なんか違和感がないですか?

仕事ができるの「基準」ってどれ?

あなたが思う、仕事ができるの「基準」って何でしょうか。仕事ができるって色んなタイプというかカテゴリーがありますよね。

例えば…

  • 仕事のスピードが速くてミスをしない
  • 接客力が高くて売り上げに貢献している
  • 体力があって何時間でも働ける
  • パソコンやレジ端末などの操作が得意
  • トラブルやクレーム対応力が強い

ざっと挙げると5つくらい思い浮かんだけど、まだ他にもたくさんあるでしょう。でも、これらの全てを持ってる人ってごく僅かじゃないですか。

わたしの場合

わたしは周りから見て「仕事ができる部類」に入ってるのかどうかを考えてみました。多分、入ってないです。

仕事のスピードは遅いし、同時並行の作業はムリ。突発的に何かをふられるとテンパります(笑)。

ただ、1つだけ自分の中で揺るがない武器があります!

それは「大きなミスをしないこと」。この考え方は常日頃から意識してることです。おかげで、入社して2年経つけど一度もミスやトラブルを起こしたことがありません

うしらく流まとめ

こうやって振り返ってみると、人によって特性が違いますよね。何でもかんでも早ければいいもんではないというか、早くてもミスやトラブルを起こしたら意味ないですから。

なので、人を褒めたり評価するときは具体的なポイントを挙げてみたらどうかなと思いました。その人のどこがどう優れているのか。

ただ単に「仕事ができる」ってのは誰でも言えますからね。