【学校の悩み】ぼっちになるのは恥ずかしいこと?

今日は、LINE@にいただいた悩みに答えていきます。

二回相談にのったため、一回目の質問文と二回目の質問文を掲載しています。

相談文(一回目)

初めまして。今年、受験を控えてる者です。

最近友達と話をしてもうまく笑えなかったり、楽しいと感じません。大勢の中で授業を受けるのも疲れてしまいます。

友達といるのが辛くて、思い切って「しばらく一人でいてもいいかな?」とLINEで伝えてみました。(まだ返事待ちです)

これで良かったのかな?と少し不安なので、よろしければ相談に乗ってほしいです。よろしくお願いします。

回答(一回目)

友だちといるのが辛い時ってありますよね、ぼくも過去にありました。

ぼく的には、あなたの行動は正解だと思いますよ。むしろ、自分からLINEで切り出せたのがすごいです!

ぼくが人付き合いで疲れたときは、読書をして自分を癒やしています。

『友だち幻想』という本を読んでみてはどうかな?と思いました。

本の内容をざっくりまとめると、「つながりは無理につくらなくていいし、疲れたら離れていい」という内容です。

相談文(二回目)

お返事ありがとうございます。

『友だち幻想』の本は気になってたので、チェックしてみようと思います。

一人で過ごせるようになれたのですが、それはそれで寂しい気がしてしまいます。なんてわがままなんでしょうね。

友達に合わせなくてよくなり、自由に行動できるようになったので、これで良かったのかなとも思います。

時間が解決してくれるのを期待したいです。一人でいるのは恥ずかしいことじゃないんですよね?

自分に自信が持てないので、自信を持つための考え方教えていただきたいです。

回答(二回目)

一人でいると寂しくなったり、みんなといると鬱陶しくなるのは、自然な感情です。

家族や恋人といる時だって、一人になりたい時がありますよね?

なので、寂しくなったらまた輪の中に入っていけばいいと思います。

もし、輪に入っていくのに抵抗を感じるなら、学校とは別のグループに入るのもいいでしょう。趣味つながりのオンライングループなど。

例えば、読書が好きなのであれば、ネットで「読書会_オンライン」で検索みてください。無料で参加できるグループがあります。

または、習い事やボランティアに参加するのもオススメです。

「第三の居場所がある」という安心感が、自信につながりますので。

ポイント
第三の居場所を作ろう!

「うつ予防」の悩み相談屋。25歳で躁うつを発症し、自殺未遂→日本のうつ・自殺問題について海外テレビから取材→リハビリ生活を経て社会復帰→年間100件以上の人生相談にのりながら、「うつにならない社会」を作るために情報発信をしています。